« 弘道会「風俗王」、警部脅迫は処分保留も、詐欺容疑で再逮捕+飼い犬が大学生に重傷負わす | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(372)あの「ウエダ」氏らの案件、告訴受理になり事件化へ »

2013.02.04

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第198回  不幸にも的中してしまった市川団十郎の死」

  昨年末、筆者はこの連載196回目で、「団十郎倒る。本当の容体は……」なるタイトル記事を報じた。昨年12月18日、歌舞伎の大看板・市川団十郎が入院した際、大手マスコミは皆ほどなく復帰すると思い、よもやそのまま死ぬとは予想してなかっただろう。だが、筆者はこの時点で京都の知人関係の近い死もあり得るとの証言を配信。不幸にもこの予測は当たってしまった。亡くなったのは2月3日午後9時59分のことだ。中村勘三郎が57歳で逝き、後を追うように団十郎も66歳で。共に余りに早過ぎる。個人的に団十郎とは多少の付き合いがあっただけに、なおさら残念だが・・・。長男の海老蔵は「やんちゃな僕を見守ってくれた」なんてコメントをしていたが、彼のその無責任な行動が団十郎の体に負担を掛けた責任は重いだろう。
 2013年2月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 弘道会「風俗王」、警部脅迫は処分保留も、詐欺容疑で再逮捕+飼い犬が大学生に重傷負わす | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(372)あの「ウエダ」氏らの案件、告訴受理になり事件化へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56699345

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第198回  不幸にも的中してしまった市川団十郎の死」:

« 弘道会「風俗王」、警部脅迫は処分保留も、詐欺容疑で再逮捕+飼い犬が大学生に重傷負わす | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(372)あの「ウエダ」氏らの案件、告訴受理になり事件化へ »