« 「武富士」京都問題土地売買仲介で蠢く、“あの有名人” | トップページ | 六本木撲殺事件捜査、大きく動くーー石元太一「関東連合」元リーダーら8名逮捕 »

2013.01.10

除染作業員の被曝と引き換えにボロ儲けする大手ゼネコン――元作業員に聞く

 本格除染が始まった福島県で、ずさんな「手抜き除染」が問題になっているが、除染作業員が置かれている労働環境も劣悪なものがある。昨年初冬、福島県いわき市に住む大杉英輔さん(仮名。46歳)は友人の紹介で、除染作業の会社に勤務することにした。場所は「ニーエフ」(福島第二原発のこと)近くの楢葉町の集落。本格除染がはじまったばかりだった。作業内容は草むらでの草刈作業。10人で1チームとし、リーダーだけが積算線量計を持っている。しかし大杉さんは自分の線量計を持っていた。「測ってみたら、毎時50マイクロシーベルトはあった。もちろん場所によってムラはありますが、とてつもない数値です。本来、完全防護の体制で臨むべき場所です」。ところが、防護マスクはなく、サージカルマスクを付けるだけ。タイベックも着ないどころか、作業服すら支給されなかったという。「これは危険すぎる。やってられない、と思い一日で辞めました」。そう語る大杉さんだが、「もっとも、完全防護で作業をしたら30分しか持たないでしょう。重い草刈機を背負い、草を集めて袋に入れていく作業は体力的にキツい。作業員のなかにはマスクすら苦しいからと、顎に付けているだけの人もいた。もう、諦めの境地ですね」。大杉さんは放射線取扱主任者の資格を持っているため、その危険性がよくわかっていた。「内部被曝の点から言えば、イチエフ(福島第一原発)の収束作業より危険です。あそこは完全防護してますから。草刈作業は粉塵がたくさん舞うので、鼻や口から放射性物質を取り込んでしまう。それなのに、防護マスクもつけなければタイベックも着ない。しかも、服は自前だから作業後、汚染された服を宿に持ち帰ることになる。夜疲れて帰ると、洗濯するのも難儀です。こうして寝泊りする宿にも放射性物質が持ち込まれることになるのです」。
 2013年1月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「武富士」京都問題土地売買仲介で蠢く、“あの有名人” | トップページ | 六本木撲殺事件捜査、大きく動くーー石元太一「関東連合」元リーダーら8名逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56511169

この記事へのトラックバック一覧です: 除染作業員の被曝と引き換えにボロ儲けする大手ゼネコン――元作業員に聞く:

» オウム真理教のように有毒ガスを噴出させる山口県警 [私は隠れ癌患者]
世の中では、総選挙が実施され、数年前に私が暴走車に襲われた時の総理大臣が、再び総理大臣になったようである。 そういう情勢が反映しているのか、山口県警は私の自宅に侵入して有毒ガスの噴出や電磁波照射の攻撃を毎日加えてくる状況となっている。(侵入というのは、...... [続きを読む]

受信: 2013.01.16 00:59

« 「武富士」京都問題土地売買仲介で蠢く、“あの有名人” | トップページ | 六本木撲殺事件捜査、大きく動くーー石元太一「関東連合」元リーダーら8名逮捕 »