« 2012年8月26日 - 2012年9月1日 | トップページ | 2012年9月9日 - 2012年9月15日 »

2012.09.08

大物金融ブローカー「永本壹柱」被告、結審は延期に

 上場していた中堅ゼネコン「井上工場」(事件後、上場廃止に)の架空増資などに絡み、無登録で計7億3000万円を貸し付けていたとして逮捕・起訴された大物金融ブローカー・永本壹柱(62)被告の3回目の公判が、8月22日にあった。本紙既報通り、この日で結審と見られていたのだが、永本被告側の主張が受け入れられ、結審には至らず、さらに10月の次回公判日が設けられた。
 2012年9月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第189回 藤田紀子、吉本芸人と夜な夜な。貴よ、これも人生経験、耐えろ」

 藤田紀子といえば元大関・貴ノ花の妻で、息子の元横綱“若貴兄弟”の母として知られる。が、真面目な夫を裏切り年下の医者と不倫を重ねていたことで追い出され、離婚されたことで有名になったことはご記憶があるだろう(関係者の話では離婚される前に、夫の貯金をすべて持ち出していたという。夫は寂しくあの世へ。元貴花田は母の不倫を知り絶縁)。でいながらその後、文芸春秋社から『凛として!』などというタイトルの告白本を出したのだ。本屋の店頭にこのタイトルのふんどしが貼りつけられていて、呆れた私は親しかった週刊文春の部長に、「あなたね、不倫女の告白本のタイトルに『凛として!』はないだろ?“凛”というのは14、5歳の少年の勃起したチン○のことを言うんだよ。菊池寛(文芸春秋社の創業者)が草葉の陰で泣いてるわ」と電話してから、文春社員や記者らと付き合いがなくなったのだ。ま、これは今回のふしだら行為と関係はない。どうやら吉本汚わい芸人の綾部祐二なる男は熟女が好きなんだそうだ。う~ん、塾女とは40代だろう。50歳過ぎたら汚いババアでしかない。
 2012年9月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに、あの「武富士」京都問題土地の一部所有権に動きが

 イソップ物語のオオカミ少年よろしく、今度こそ、間違いなく名義が変更になると、何度、本紙も関係者に騙されたことか。8月末にも、またそんな情報がブローカーから入ったが、またいつもの通りだろうと、登記簿確認を怠っていたところ、今度は本当にオオカミが現れていた。武富士の問題土地は、(1)京都駅前の旧同和地区、(2)高島屋(冒頭写真)隣接地、(3)北白川の山林の3つに分かれるが、その(2)の一部の名義に変化があった。
 2012年9月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.07

<新連載コラム>「ロビン・グットの『ためいきジャパン』」第6回  日本の男たちと「女性のスカートの中」

 長らく開店休業の状態が続いてしまった当連載だが、久しぶりに原稿を書こうと…いや書かずにいられなくなったのは、数日前、「盗撮容疑で日本人が中国で逮捕される」という記事を目にしたからである。上海の日本領事館によると、日系企業に勤める上海在住の30代の男性が、上海の地下鉄で中国人女性のスカートの中を盗撮しようとして現行犯逮捕されたという。中国に行ってまで「盗撮」とは、実に情けない事件だ。過去には、当時売れっ子の経済評論家であった植草一秀氏が、エスカレーターの前にいた女学生のスカートの中を手鏡で覗こうとして逮捕された。また、先日には、日本IBMの元社長が、新宿JR四ツ谷駅構内のエスカレーターで目の前にいた女性のスカートの下に『iPod』を差し込んで逮捕された。この他にも、大阪地裁裁判官、名古屋高検検事、警察官や官僚など、公人や社会的地位にいる多くの男性たちが盗撮容疑で逮捕されている。しかし、マスコミで報じられるのは氷山の一角でしかなく、この手の犯罪は山ほど起きている。それにしても、日本の男たちは、なぜこれほどまでに「女性のスカートの中」に執着するのだろう。世界でも稀な現象だ。
 2012年9月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木ロアビル殺人事件は人違い!?

   9月2日深夜、東京・六本木はロアビル2Fのクラブ「フラワー」であった殺人事件の続報だ。2チャンネルなどの匿名掲示板では、「関東連合」や昨年12月の山口組幹部ら襲撃事件の絡みなどで面白おかしく書かれているが、追加取材の結果でも、前回述べた通り、やはりその可能性はひじょうに低いようだ。それどころか、誤認説さえ聞こえて来た。「詳しくはいえない。一つだけいえることは、人を間違って殺したということ。実行犯は頼まれてやった関係で、ターゲットの顔を知らない。ほどなく自首するはずだ」ーーこんな関係者の証言さえ、聞こえて来た。亡くなった藤本亮介氏(31)と面識のあった者は、こう漏らす。「六本木(焼肉店など)で店をやっていれば、そりゃあ、『関東連合』のメンバーと接点ができない方がおかしい。川奈と面識があったというのもその通りでしょう。だけど、そのことと、関東連合がどうこうは別の話」
 2012年9月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

陸自ヘリ官製談合疑惑の背後に、守屋元事務次官!?

  現在、東京地検特捜部が陸上自衛隊へのヘリコプター納入を巡り、官製談合があったのではないかと捜査を行っているのは大手マスコミ既報の通り。そんななか、本紙に実に不可解なタレ込みがあった。今回、東京地検特捜部が捜査に乗り出した背景には、有力政治家の圧力があり、あの守屋武昌元防衛事務次官を牽制する目的もあるというのだ。守屋氏といえば、07年、防衛装備品の納入に便宜を図ったとして収賄罪で起訴され、実刑判決を受けて今年7月に仮釈放された御仁。いったい、その守屋氏につき、いまさらどういうことなのか?
 2012年9月6日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.06

20年前から巨額投機をやっていた「エドウイン」常見修二社長

大手ジーンズメーカー「エドウイン」(東京都荒川区。)のグループが、08年9月のリーマン・ショック後、200億円ともいわれる巨額の証券投資損を出しながら、粉飾決算を行っている可能性があると8月24日、「読売」を筆頭に各紙報道。8月上旬、エドウインの経理担当者が自殺したことで、この疑惑が浮上したようだ。報道を受け、8月31日、同社は外部の第三者委員会を設置。11月を目処に調査結果を出すとしているのは大手マスコミ既報の通り。エドウインは、ジーンズの国内専業メーカーとしてはトップ。ジーンズ製造卸の中核企業エドウイン単体だけでも約290億円(11年5月期)の売り上げがある。しかし、未上場企業ということもあり、その実態は伺えず、これまでの報道はほとんど前述のことがすべて。こうしたなか、本紙は20年以上、同社並びにほとんどのグループ会社の代表を務める創業者2代目の常見修二氏(=冒頭右写真。68)を知るという人から話を聞くことができた。
 2012年9月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東京ガールズコレクション」、朝鮮総連系“乗っ取り”で動向注目の大手企業

 8月30日発売の『週刊文春』が報じた記事が、波紋を呼んでいる。日本を代表するファッションショーをやっている「東京ガールズコレクション」(TGC)の主催会社「F1メディア」(東京都港区)の社長が昨年替わり、朝鮮高校卒の元番長グループに属し、現在も朝鮮総連と親しい関係にあると見られる人物が就いていると報じたからだ(脱税で起訴されたことも)。いま、北朝鮮はむろん、韓国とも竹島問題でわが国政府は対立し、国民の目は厳しくなっている。そんな折、いかがなものかと問題提起している。
2012年9月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012.09.04

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第188回 三原じゅん子参議院議員に物申す『君に竹島問題で発言する資格なし』」

 スケバン少女役以外、ほとんど「芸能の仕事のなかった」(女性誌記者)元芸能人が参議院議員になったら、さも偉い人にでもなった気でいるか・・・。北方領土も竹島も尖閣諸島も、三原じゅん子参議院議員(47。1期)が所属の自民党政権下で何一つ解決できなかったのを知らない、政治のセの字も知らぬくせに生意気な発言をしないことだ。まず、「夕刊フジ」で吠えた、彼女の勇ましい発言を紹介しよう。まさに女国士だが・・。「我が国の主権を深く傷つける暴挙を許してはならない。これは民主党外交の破綻。民主党政権は他国から舐められている」。「武藤正敏駐韓日本大使を一時帰国させるというが、それでは手ぬるい。李大統領は軍のトップ。軽い抗議で済ませれば韓国をさらに増長させ、竹島の不法支配を強化させることになり、私は韓国との外交関係を見直すべきと思っている」。さらに、「中国もロシアも日本がどんな対応をするかを注視している。民主党政権が断固たる対応をしなければ、尖閣諸島や北方領土で乗じてくるはずだ。座して死を待つのは民主党だけにしてほしい。日本国民を悲劇に巻き込むことは私が許さない!」と結んだ。さて、三原君、君の芸能界でのいろんな“私性活”を私は知っているだけに、信頼あるこの連載で取り上げること自体実は嫌なのだが、余りに世間知らず、歴史知らず、政治知らずの発言に見かね登場させることにした。君の怒りは私も同じだ。私も「約束したことをやらないことが悪いのか! 絶対にと約束したことを破って何故悪い!」という開き直り、タチの悪いイジメっ子を増やすような民主党政権には怒り心頭だが、この領土問題に限れば、民主党の責任はない。君の今回の勇ましい“無知無責任発言”は、遠い昔の君の出ていたドラマの”スケバン役”か、いま流行の行動も伴わない“ネトウヨ(ネット右翼)”発言でしかない。
2012年9月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

「12・14襲撃事件と、今回の六本木クラブ殺人事件の関係」

 9月2日午前3時40分ごろ、東京は港区六本木の繁華街の中心、「ロアビル」2階のクラブ「フラワー」に目出し帽を被った約10人が押し入り、店にいた飲食店経営者・藤本亮介さん(31)の頭や顔面を鉄パイプや金属バットのようなもので乱打。藤本さんが死去したこの事件、すでに大手マスコミ既報の通り。早速、2チャンネルなどの匿名掲示板などでは、「関東連合」や「ドラゴン」との関係、あるいは、昨年12月14日未明に同じく六本木のクラブで起きた山口組系幹部ら襲撃事件と何らかの関係があるのでは、といった揣摩憶測が乱れ飛んでいる。実際のことろ、真相はどうなのか? 本紙では12・14事件後、その犯人は「関東連合」関係者と思われるところ、今年1月、その報復とも思える襲撃事件があったことをスッパ抜いている。そうした複数の情報源に探りを入れてみた。
2012年9月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (3) | トラックバック (2)

<お知らせ>「アクセスジャーナルTV」第4回=「『古舘プロ』社長闇金疑惑、シティバンク、慶大病院医療過誤」などオンデマンド中

本紙予告通り、8月25日(土)午後7時から2時間、政治ジャーナリストの渡辺正次郎氏との第4回目の生放送を行った。まだ放送内容について試行中のところ、前回の第3回目から、前半は、本紙アクセスジャーナルの過去1カ月の配信記事のなかから特に興味深いネタをいくつかピックアップし、記事では書かれていないエピソードや思いなどを山岡が披露。これに対し政界、芸能界で長年活躍し裏事情に詳しい渡辺氏が自らの似たような体験、感想などを述べるという構成でやっている。今月は「河北新報」社主愛人スキャンダルと原1億円恐喝事件の続報、報道ステーション「古舘プロ」社長闇金疑惑などまたまた大手マスコミの問題がメーンに。加えてシティバンクグループ企業と慶應大学病院医療過誤の両訴訟の背景に横たわるモラル喪失などを取り上げた。(*ココをクリックすれば即、番組をご覧いただけます。無料)
2012年9月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (2) | トラックバック (2)

2012.09.03

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(355)起訴された松澤弘康被告の被害にあった上場企業の名前

 本紙では、地検の本当の狙いは脱税そのものより、質権設定で安心させて上場株を叩き売ることだとして、2度に渡りその悪質な手口につき解説した、松沢弘康被告(39)逮捕の件だが、予想通り、8月29日、起訴になったのは大手マスコミ既報の通り。一緒に逮捕されていた「UEエンジニアリング」(東京都港区)の社長は、従属的な立場だったとして不起訴処分(起訴猶予)になった。
2012年9月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.02

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第187回  青学中等部の陰湿いじめ事件ーー主犯は黒木瞳の娘」

 親の因果が子に報う、とはよく言ったもの。女優の黒木瞳は宝塚娘役からテレビ、映画等で活躍したのは一昔前か。一時、売れっ子になり、同時に天狗になり、スタッフらの総スカンを喰らった。総スカンを喰らう間、結婚し、娘が生まれると同時に「私の子なんだから有名校に」と、小学から大学まで一貫校の青山学院受験を目指し、カネ、あらゆるコネクションを使い、何とか入学に成功。が、子育てはまったく失敗したようで・・・ま、売れている女優では子育ては無理。女優というのは“因果な商売”で、自分がスターの地位を保ちたい一心で、子どもの教育には目はいかないもの。そして案の定、青学初等部に入学させた娘は、親の因果は子に報う、で性格の悪い子に育ってしまったようだ。複数の週刊誌報道によれば、青学中等部で壮絶ないじめ事件があったのは今年5月のことだ。中学2年のAと仲間の女子生徒4名が、男子生徒2名を2万円で買収。あろうことか、同級生の女性生徒に対しレイプするよう依頼した。そして男子生徒は女子生徒をトイレ個室に追い込み、そこに押し入り服を脱がせたりしているところを動画で撮影したという。
2012年9月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ




| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2012年8月26日 - 2012年9月1日 | トップページ | 2012年9月9日 - 2012年9月15日 »