« 「セイクレスト」水増し増資事件ーー松尾隆ら起訴に | トップページ | 「再生医療」の負。死者もーー韓国バイオベンチャー「幹細胞」投与わが国1号病院は名義貸し »

2012.12.23

「ゲートウェイホールディングス」筆頭株主就任予定者が社長のマルチ企業、虚偽表示と消費者庁が処分

 本紙既報のように、11月30日、マルチ企業「VanaH」(山梨県富士吉田市)の石山久男社長が筆頭株主になる第3者割当増資が発表されたのを機に、異常としか思えない株価急騰を続けていた「ゲートウェイーホールディングス」(7708。JQ。東京都港区)だが、さすがにここに来て値を下げている。その下げを、週明けから加速しそうな発表があった。VanaHが、虚偽表示で、消費者庁から処分を受けた件だ。20日にはNHKも報道。翌21日には、大手紙の一部も報じている。VanaHは、主力商品であるミネラルウォーターを購入している、マルチ(連鎖販売取引)特有の会員約6000人に対し昨年10月、11月と2度に渡り、FAXにて「世界で初めての『国連認定証』を取得しました」「世界で1社しか使用できない国連認定ロゴマーク」などと事実でないことを記して送り、販売活動における利用を促すなどしていた。また、同社のHPにもそうした記載をしてPRしていた。
 2012年12月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「セイクレスト」水増し増資事件ーー松尾隆ら起訴に | トップページ | 「再生医療」の負。死者もーー韓国バイオベンチャー「幹細胞」投与わが国1号病院は名義貸し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56374173

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲートウェイホールディングス」筆頭株主就任予定者が社長のマルチ企業、虚偽表示と消費者庁が処分:

« 「セイクレスト」水増し増資事件ーー松尾隆ら起訴に | トップページ | 「再生医療」の負。死者もーー韓国バイオベンチャー「幹細胞」投与わが国1号病院は名義貸し »