« <告発>大手霊園の墓地面積水増し販売疑惑を追う(Ⅰ) | トップページ | 麹町税務署前署長とパチンコ関連上場企業オーナーが仲良くゴルフコンペ »

2012.12.08

比例名簿提出ドタバターー「不備はない」判断の総務省選挙部長は、「日本未来の党」嘉田代表シンパ

「公平さ」に疑念が持たれてはならない選挙事務で、残念な事態が起きた。衆議院選挙公示の12月4日、「日本未来の党」の比例代表名簿の届け出が、締め切りの同日午後5時を過ぎていたのではないかとの指摘さえ一部で囁かれた件だ(過ぎていたにも拘わらず受理となれば公職選挙法違犯)。もっとも、「不備はない」と担当部署トップの総務省選挙部長・米田耕一郎氏が4日夜、総務省内で記者団に語り、事は収まった。しかし、相変わらず小沢一郎憎しの一部大手マスコミなどは、ここぞとばかりにこの件を書き立て、日本未来の党のイメージをダウンさせようと必死だ。その報道のなかには、たまたま米田選挙部長が、かつて副知事として滋賀県に出向し、嘉田由紀子代表(滋賀県知事)の元部下だった事実を持って、情実はなかったのかと臭わせている。しかし、この指摘は、ただ元部下だったというだけでは弱い。
 2012年12月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <告発>大手霊園の墓地面積水増し販売疑惑を追う(Ⅰ) | トップページ | 麹町税務署前署長とパチンコ関連上場企業オーナーが仲良くゴルフコンペ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56275214

この記事へのトラックバック一覧です: 比例名簿提出ドタバターー「不備はない」判断の総務省選挙部長は、「日本未来の党」嘉田代表シンパ:

« <告発>大手霊園の墓地面積水増し販売疑惑を追う(Ⅰ) | トップページ | 麹町税務署前署長とパチンコ関連上場企業オーナーが仲良くゴルフコンペ »