« マスコミもほぼ無視。劣悪な原発作業員の労働環境――「被曝隠し」問題機に、厚労省がいまごろ東電に是正指導へ | トップページ | 国会記者会VSフリーランス――「記者会以外の第三者の利用制限は認められる」と東京地裁が仮処分申請を却下 »

2012.12.11

やはり人災かーー笹子トンネル事故、なぜ強度の弱い接着剤方式だったのか

9人が死亡した笹子トンネル(山梨県大月市)の天井板崩落事故は、天井板を支えていたボルトが腐食して破損したのではなく、ボルトを支えていた接着剤に問題があったこと、さらに、同様の接着剤を使った事故が米国で起き、施工不良や点検不備が指摘されていたにも拘わらず、中日本高速は何ら対策を立てていなかったことも明らかになった。専門家によれば、接着剤を使ったものは「ケミカルアンカー」といい、他の「打ち込みアンカー」などに比べ強度が弱く、また経年劣化も激しいという。素人が想像しても、何トンもの天井板などを天井から垂れ下がったボルトが、天井にねじ込まれたりしているのではなく、ただ接着剤だけで支えられていたのだ。「本当か?」と驚いて当然だろう。なぜ、中日本はこんな接着剤方式を使用したのか?
 2012年12月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« マスコミもほぼ無視。劣悪な原発作業員の労働環境――「被曝隠し」問題機に、厚労省がいまごろ東電に是正指導へ | トップページ | 国会記者会VSフリーランス――「記者会以外の第三者の利用制限は認められる」と東京地裁が仮処分申請を却下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56301768

この記事へのトラックバック一覧です: やはり人災かーー笹子トンネル事故、なぜ強度の弱い接着剤方式だったのか:

« マスコミもほぼ無視。劣悪な原発作業員の労働環境――「被曝隠し」問題機に、厚労省がいまごろ東電に是正指導へ | トップページ | 国会記者会VSフリーランス――「記者会以外の第三者の利用制限は認められる」と東京地裁が仮処分申請を却下 »