« 秘書課人事担当者当人ーー総務省の問題ノンキャリ人事の最高出世コース実例 | トップページ | 山梨県警ーーあの「自民党同志会」会長らが、“ホテル乗っ取り”で告訴される »

2012.11.27

<本紙VS脱税請負疑惑グループ> パチンコ脱税請負側、上告せず、本紙側の逆転勝訴確定

 11月7日、東京高裁(南敏文裁判長)で、本紙が徹底追及し、いち早くその疑惑を報じたところ、名誉毀損だとして、元税理士・朴茂生氏と「ニックス租税研究所」(東京都千代田区)に提訴され、争われていた名誉毀損に基づく損害賠償請求事件(請求額は2000万円)の控訴審判決言い渡しがあり、本紙側が逆転全面勝訴したのは本紙既報の通り。本紙側は全面勝訴故、上告するつもりはなかったが、朴氏側が面子を保つため、あるいは、時間稼ぎに上告するかどうかその動向が注目されていた。しかしながら、朴氏も、ニックス租税研究所も2週間以内に上告しなかったことから、本紙側の勝訴が11月21日の経過をもって確定した。
 2012年11月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 秘書課人事担当者当人ーー総務省の問題ノンキャリ人事の最高出世コース実例 | トップページ | 山梨県警ーーあの「自民党同志会」会長らが、“ホテル乗っ取り”で告訴される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56199928

この記事へのトラックバック一覧です: <本紙VS脱税請負疑惑グループ> パチンコ脱税請負側、上告せず、本紙側の逆転勝訴確定:

« 秘書課人事担当者当人ーー総務省の問題ノンキャリ人事の最高出世コース実例 | トップページ | 山梨県警ーーあの「自民党同志会」会長らが、“ホテル乗っ取り”で告訴される »