« あの「武富士」京都問題土地、今度は「駅前」分に大きな動きが | トップページ | <連載>山口組弘道会元幹部・府警・地検の癒着疑惑を追う(第14回)『河北新聞』が、糸さん事件は冤罪と報道」 »

2012.11.17

「ロイター」も、本紙指摘「アルゼ」岡田会長フィリピン贈賄疑惑について報道

 本紙がパチスロ大手「ユニバーサルエンターテインメント」(旧名アルゼ。6245。JQ)岡田和生会長のフィリピンにおけるカジノ事業に関する贈賄などの疑惑を報じたところ、本紙が利用するサーバー会社に対し、嫌がらせとしか思えない、記事の全面削除を依頼していたことを昨日報じたばかりだが、「ロイター」(本社・英ロンドン)が本日、その贈賄疑惑につき詳細に報じている。同記事をご覧いただきたいが、要約するとこういうことだ。比アロヨ前政権下の10年、アロゼ側から計4000万㌦(約32億円)がフィリピン側に流れた。その内、500万㌦は「岡田氏そのもの」ともいわれるほど一体の関係にあったフィリピンの政界と実業界を繋ぐソリアーニ氏という地元フィクサーが経営している会社「ピープルズ・テクノロジー」に流れた。他の3500万㌦はタックス・ヘイブンで知られる英領バージン諸島に登記されている会社だが、500万㌦同様、アルゼ社員名義のF・Fという香港企業を経由している。
2012年11月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« あの「武富士」京都問題土地、今度は「駅前」分に大きな動きが | トップページ | <連載>山口組弘道会元幹部・府警・地検の癒着疑惑を追う(第14回)『河北新聞』が、糸さん事件は冤罪と報道」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56128602

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロイター」も、本紙指摘「アルゼ」岡田会長フィリピン贈賄疑惑について報道:

« あの「武富士」京都問題土地、今度は「駅前」分に大きな動きが | トップページ | <連載>山口組弘道会元幹部・府警・地検の癒着疑惑を追う(第14回)『河北新聞』が、糸さん事件は冤罪と報道」 »