« <本紙VS脱税請負疑惑グループ判決検証>第1回「租税回避の中でも、国税によって否認され得るものは『脱税』の表現でOK」 | トップページ | 「ロイター」も、本紙指摘「アルゼ」岡田会長フィリピン贈賄疑惑について報道 »

2012.11.16

あの「武富士」京都問題土地、今度は「駅前」分に大きな動きが

 本紙がウォッチしている京都の「武富士」問題土地(大きく駅前、高島屋隣接地、白川の山林の3つ)だが、高島屋隣接地に続き、駅前についても、大きな動きが起きている。いったい、どういうことなのか? 既報のように、バブル時代、武富士が地上げに失敗した後、関連会社「ティデーエス」所有で塩漬けになっていた土地の所有につき、大きな変化があったのは昨年7月のことだった。3物件とも所有権が「スティーロ」なる会社に代わると共に、近畿産業信用組合によって巨額の根抵当権が設定された。その後、今年9月、3物件ともその根抵当権が放棄されると共に、まず所有権が代わったのが高島屋隣接地だった。そして、10月に入って、今度は駅前の物件についても所有権が代わった。
2012年11月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« <本紙VS脱税請負疑惑グループ判決検証>第1回「租税回避の中でも、国税によって否認され得るものは『脱税』の表現でOK」 | トップページ | 「ロイター」も、本紙指摘「アルゼ」岡田会長フィリピン贈賄疑惑について報道 »