« <連載>山口組弘道会元幹部・府警・地検の癒着疑惑を追う(第12回)「元若頭も組長妻も証人尋問で疑惑を完全否定したが……」 | トップページ | 織田無道氏トラブルの寺を引き継いでいたのは、元「病院乗っ取りグループ」のボス »

2012.10.18

特養“乗っ取り”で、懲戒申立に続き、街宣もかけられた弁護士

 いまさら弁護士が悪事を働いたからと聞いて、驚く人はまずいないだろう。本紙で過去、報じたなかでいえば、田中森一は塀の中に落ちたし、同じく佐竹修三 、同じく田中章雅、懲戒4回の伊関正孝氏なんていう御仁もいた。まして疑惑や、道義的にいかがなものかなんてレベルでいえば、有名どころだけでも則定衛氏、河上和雄氏、矢田次男氏などいくらでも上げられ、それこそきりがない。一度なってしまえば、懲戒制度があるとはいえ、これは身内の弁護士が決めるものだから、事件化でもしない限り、まず処分はされない。しかも、わが国の弁護士は訴訟結果に関係なく報酬をもらえ、社会的に地位も高いから、ある意味、これほど気楽な商売もないといっていいだろう。もっとも、そのなかでも特に目立つのが、検事を辞めて、あるいは定年を持って弁護士に転じたいわゆるヤメ検だ。現役とのコネクション、また検事の弱点を熟知していることを売りに悪党の弁護をやり、高額報酬をもらう御仁が多いからだ。田中元弁護士などその典型だったといっていいだろう。そして、今回紹介する1人もやはりヤメ検だ。
 2012年10月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>山口組弘道会元幹部・府警・地検の癒着疑惑を追う(第12回)「元若頭も組長妻も証人尋問で疑惑を完全否定したが……」 | トップページ | 織田無道氏トラブルの寺を引き継いでいたのは、元「病院乗っ取りグループ」のボス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55915261

この記事へのトラックバック一覧です: 特養“乗っ取り”で、懲戒申立に続き、街宣もかけられた弁護士:

« <連載>山口組弘道会元幹部・府警・地検の癒着疑惑を追う(第12回)「元若頭も組長妻も証人尋問で疑惑を完全否定したが……」 | トップページ | 織田無道氏トラブルの寺を引き継いでいたのは、元「病院乗っ取りグループ」のボス »