« 鉄鋼スラグ不法投棄、疑惑の現場を見学(千葉県館山市) | トップページ | 「真珠宮ビル」巡る刺殺事件で、後藤元組長が和解した理由 »

2012.10.05

ついに逮捕された、「弘道会」資金源と見られる「ワークスジャパン」野村博之会長

 大阪府警などは10月4日、風俗情報出版社「ワークスジャパン」(名古屋市中区)の野村博之会長(47)ら5人を逮捕した。容疑は会社法違反(会社財産を危うくする罪)。会社法は、特別な理由がなければ自社株を取得できない。ところが、野村容疑者のワークス社への借金を減らすため、こういう形式を取り、実際には自社株購入のために会社から出た約1億5000万円は、自社株を購求した相手の元役員から野村容疑者に渡り、会社に戻っていた。もっとも、ワークス社は上場企業でもなく、こんな容疑で逮捕されることは滅多にない。しかも、捜査に当たっているのは大阪府警始め、愛知県警など実に21都道府県警の合同捜査本部。通常あり得ないことだ。そして、その狙いはズバリ、当局はワークス社は、指定暴力団・山口組の最大組織である「弘道会」(本部・愛知県名古屋市)の有力資金源と見ており、それを解明し資金を絶つための“別件逮捕”と見られる。
2012年10月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 鉄鋼スラグ不法投棄、疑惑の現場を見学(千葉県館山市) | トップページ | 「真珠宮ビル」巡る刺殺事件で、後藤元組長が和解した理由 »

コメント

幹部は違法ドラッグまみれ
風俗嬢との不祥事は跡を絶たない

投稿: Nana | 2015.03.08 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55815662

この記事へのトラックバック一覧です: ついに逮捕された、「弘道会」資金源と見られる「ワークスジャパン」野村博之会長:

« 鉄鋼スラグ不法投棄、疑惑の現場を見学(千葉県館山市) | トップページ | 「真珠宮ビル」巡る刺殺事件で、後藤元組長が和解した理由 »