« 中国政府の恐るべき「臓器狩り」疑惑――死刑囚や法輪功メンバーが需要に合わせて臓器摘出されている!? | トップページ | <記事紹介>「特捜部が封印した野田首相のウラ献金捜査」(『サンデー毎日』10月28日号) »

2012.10.29

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(358)SBIの大株主に躍り出た“村上ファンド”

 総合金融業を志向する「SBIホールディングス」(東京都港区。8473。東証1部)といえば、孫正義氏にスカウトされて野村證券からソフトバンク常務になった北尾吉孝氏が独立させた会社。ここ3年、黒字決算を続けているが、その実態はといえば、会員制情報誌『FACTA』によれば“粉飾”により何とか益出しすることで社債発行を維持し生き延びている有様で、実際は火の車だという。SBIは10月1日を持って10分割したが、株価は500円台。5年前と比べても6分の1以下。ほぼひたすら下落している。そんななか、この8月半ばから突如、買い出し、10月17日提出の「大量保有報告書」によれば、すでに共同で5・85%保有している会社がある。
 2012年10月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 中国政府の恐るべき「臓器狩り」疑惑――死刑囚や法輪功メンバーが需要に合わせて臓器摘出されている!? | トップページ | <記事紹介>「特捜部が封印した野田首相のウラ献金捜査」(『サンデー毎日』10月28日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55998921

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(358)SBIの大株主に躍り出た“村上ファンド”:

« 中国政府の恐るべき「臓器狩り」疑惑――死刑囚や法輪功メンバーが需要に合わせて臓器摘出されている!? | トップページ | <記事紹介>「特捜部が封印した野田首相のウラ献金捜査」(『サンデー毎日』10月28日号) »