« ウィン社VSアルゼーーネバダ地裁、 岡田和生会長の請求退ける(本紙続報も) | トップページ | スクープ! 本紙指摘の「五洋建設」手形騒動、事件に。大阪府警、4名逮捕 »

2012.10.11

大王製紙・井川前会長と、ツタンカーメン展人脈との意外な接点

 本日(10月10日)、東京地裁で総合製紙3位、「大王製紙」(東京都中央区。3880。東証1部)の井川意高前会長(48)の判決があり、懲役4年の実刑判決が言い渡された(即日控訴)。井川被告はカジノにのめり込み、それで作った負債返済などのため、取締役会の承認を経ずに、大王製紙の連結子会社計7社から無担保で計約55億円を借り入れた。それが会社法違反(特別背任)に問われたものだ。井川被告は起訴内容を全面的に認め、また今年8月までに全額返済し、執行猶予付き判決を求めていた。しかし、判決は「背任の程度は大きく、悪質」として、「実刑に処するのが相当だ」と結論付けた。ところで、その井川被告と、本紙が名誉毀損で提訴されている、フジTV主催のツタンカーメン展のファンドで計6億円集めたA社(実際にファンド募集をしたのは傘下のB社)との間には浅からぬ接点があることは一般には知られていない。
 2012年10月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ウィン社VSアルゼーーネバダ地裁、 岡田和生会長の請求退ける(本紙続報も) | トップページ | スクープ! 本紙指摘の「五洋建設」手形騒動、事件に。大阪府警、4名逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55863792

この記事へのトラックバック一覧です: 大王製紙・井川前会長と、ツタンカーメン展人脈との意外な接点:

« ウィン社VSアルゼーーネバダ地裁、 岡田和生会長の請求退ける(本紙続報も) | トップページ | スクープ! 本紙指摘の「五洋建設」手形騒動、事件に。大阪府警、4名逮捕 »