« <お知らせ>「アクセスジャーナルTV」10月27日午後7時から第6回生放送「今月のベストネタ+やくざと政治家など」 | トップページ | 石原ファミリー支援「アルゼ」一大重大疑惑に新展開 »

2012.10.26

大場氏一派の介入を招いた「シスウェーブ」増資の狙い

 本紙連載でお伝えしたように、名うての株式ブローカー・大場武生氏とその仲間によって実質、乗っ取られたといってもいい半導体テスト開発受託会社「シスウェーブホールディングス」(6636。JQ。神奈川県川崎市)ーー同社創業者で、会長にして、いまも主要株主の長岡利明氏はいったい、なぜ彼らの介入を許しているのか疑問に思うのだが、ある関係者はこう漏らす。「当然、周辺者は長岡会長に意見しています。本当に、大丈夫なのかと!? ところが、技術畑出身で、人を疑わない長岡会長はすっかり信じ込んでしまっているようで、“心配ない”と平然としているんです」。こうしたなか、10月18日、シスウェーブは第3者割当増資と新株予約権発行をIRした。払込日は共に11月5日。新株予約権がすべて行使されれば、総額2億3100万円の資金調達となる。大場氏はこの増資にも、関与しているのか? 関係者が証言する。
2012年10月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <お知らせ>「アクセスジャーナルTV」10月27日午後7時から第6回生放送「今月のベストネタ+やくざと政治家など」 | トップページ | 石原ファミリー支援「アルゼ」一大重大疑惑に新展開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55972485

この記事へのトラックバック一覧です: 大場氏一派の介入を招いた「シスウェーブ」増資の狙い:

« <お知らせ>「アクセスジャーナルTV」10月27日午後7時から第6回生放送「今月のベストネタ+やくざと政治家など」 | トップページ | 石原ファミリー支援「アルゼ」一大重大疑惑に新展開 »