« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(359)「ベルーナ」の債権譲渡登記 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(360)いよいよ「リクルート」上場へ、で気になるアングラ筋所有分 »

2012.10.31

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第193回 大手レコード会社社長と女占い師を暴力団共生者と知りつつ見逃す警視庁」

 ネット犯罪予告誤認逮捕は謝罪した警視庁だが、大手レコード会社社長と女占い師を暴力団共生者と知りながら、なぜか見逃している。これに対し「国会で必ず取り上げる」と怒るのは、警察事情に詳しい某議員だ。話の内容はこうだ。「暴力団排除条例が施行されたのに暴力団密接交際者どころか、“暴力団共生者”である連中を、排除条例該当者に指定していない」ことだという。ちなみに“暴力団共生者”とは、暴力団に資金を提供し、または暴力団から提供を受けた資金を運用した利益を暴力団に還元して、暴力団の資金獲得活動に協力する個人やグループのこと。証券業界に多い。某議員の怒りを聞こう。「私の事務所にレコード会社の社長と女占い師を名指しの投書が何通もきているんです」――実は私の所にも来ています。同じ人物かな?「それなら話は早いです。私の事務所に来ているのは・・Eというレコード会社がありますね。そこの社長のMという男。それから占い師で顔のデカい女、ウチの女房もよく本を買っていましたが・・あのSです。何通もの投書で私も親しい警察関係者に調べてもらいましたが、この二人は暴力団密接交際者じゃなく、完全なる“共生者”ですよ。密接交際者より悪質です、暴力団に資金を提供しているんですから。これを警視庁が見逃しているのが不思議なんです。そこを追及しなくては国民は納得しませんでしょ?」まったくその通りである。この後、警視庁関係者に取材した。「サッチョウ(警察庁)の安藤隆春前長官はすべてご存知で、桜田門の上のほうに情報が下りているはず。それを桜田門の上が、安藤長官は退任するからと無視したのか、桜田門の上のほうがどこかと繋がりがあって見逃しているのか・・現場では相当怒りが溜まっているようです」と首を傾げる。
 2012年10月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(359)「ベルーナ」の債権譲渡登記 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(360)いよいよ「リクルート」上場へ、で気になるアングラ筋所有分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56011886

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第193回 大手レコード会社社長と女占い師を暴力団共生者と知りつつ見逃す警視庁」:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(359)「ベルーナ」の債権譲渡登記 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(360)いよいよ「リクルート」上場へ、で気になるアングラ筋所有分 »