« <六本木クラブ撲殺事件>「第3回 『関東連合』など半グレの深い闇」 | トップページ | 新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(上) »

2012.09.18

名誉市民の名が泣くーー大家VS「河北新報」社主(+元愛人)の家賃不払い訴訟の泥沼

 本紙がスクープしたこの訴訟、さらに泥沼の様相を見せている。東北の有力紙「河北新報」社主の一力一夫被告はこれまで連帯保証は「時効」であるとして、元愛人U子さんの約3年間の滞納家賃(192万2000円)の支払いを拒否していたところが一転、大家に連帯保証契約解除を通知するまでの約2年半分については支払ってもいいと言い出した。また、大家もそれだけ支払ってもらえれば和解に応じてもいいというのが、8月22日第2回口頭弁論の感触だったと前回報じた。こうなると、一挙に訴訟は終了の様相かと思い気や、連帯して被告に問われている元愛人U子さんは全面的に争う構えだからだ。その理由の一つが、悪しき判例を残さないようにとの思いであることも前回述べたが、その後、Uさんが8月22日に提出した「陳述書」を本紙は入手(以下に転載)。その結果、U子さんは、約3年前、彼女と一力被告側が話し合いを持った際、最終的に大家さんから支払い請求があれば「そりゃあ、(全額)払いますよ」と答えていたのだから、全額支払うべきと、大家(原告)が一部支払いだけで和解の様相なのに、愛憎の思い故なのだろう、被告の一方が、もう一方の被告に全額支払いを迫るという本来あり得ないさらなる泥沼の様相を見せている。
 2012年9月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <六本木クラブ撲殺事件>「第3回 『関東連合』など半グレの深い闇」 | トップページ | 新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55685350

この記事へのトラックバック一覧です: 名誉市民の名が泣くーー大家VS「河北新報」社主(+元愛人)の家賃不払い訴訟の泥沼:

« <六本木クラブ撲殺事件>「第3回 『関東連合』など半グレの深い闇」 | トップページ | 新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(上) »