« 名誉市民の名が泣くーー大家VS「河北新報」社主(+元愛人)の家賃不払い訴訟の泥沼 | トップページ | 加熱する中国の反日暴動――他方で、「暴動なき愛国、理性ある愛国」を訴える若者たちも »

2012.09.19

新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(上)

「日本年金機構」(本部・東京都杉並区)といえば、あの世を騒がせた「消えた年金記録」の元凶である旧社会保険庁が廃止され、「お客様目線」に立った公的年金業務を行うとして10年1月1日に設立された特殊法人。ところが、「お客様目線」どころか、詐欺的といってもいい手口で、月々の年金から一部資金を吸い上げている事実が、当事者が本紙に告発したことから明らかになった。当の日本年金機構自身、本紙の取材に対し、「不手際」を認め、このケースでは、すでに当事者に返金することを約束している。いったい、どういうことなのか。
以下、早速、その実例を具体的に見ていこう。東京都小平市在住のAさんは、2カ月に一度、約22万円の年金を受け取っている。指定の銀行口座に、偶数月の15日、2カ月分毎、振り込まれている。ところが、今年6月の分が6万5000円少なかったことから、Aさんは最寄りの年金事務所に問い合わせする。「この減額は私のミスからのことでした。約22万円の内6万5000円は扶養家族分なんですが、定期的に向こうが行う不正チェックで、私がいまも変わらず妻を扶養していることを証明する書類へ捺印などして返送する手続きを怠っていたからでした。それが分かったので、その手続きをし、次回の8月15日の振り込み時に約22万円+6・5万円振り込んでくれることになりました」(Aさん)。ところが、8月15日に振り込まれたのはいつもの約22万円だけだった。そこで、再度、最寄りの年金事務所に問い合わせした結果、Aさんはとんでもない事実を知ることになったというのだ。
2012年9月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 名誉市民の名が泣くーー大家VS「河北新報」社主(+元愛人)の家賃不払い訴訟の泥沼 | トップページ | 加熱する中国の反日暴動――他方で、「暴動なき愛国、理性ある愛国」を訴える若者たちも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55692557

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(上):

« 名誉市民の名が泣くーー大家VS「河北新報」社主(+元愛人)の家賃不払い訴訟の泥沼 | トップページ | 加熱する中国の反日暴動――他方で、「暴動なき愛国、理性ある愛国」を訴える若者たちも »