« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第191回 廃れ行く演歌ーー哀れな末路を予感させる美川憲一と小林幸子」 | トップページ | VS上原多香子名誉毀損訴訟ーーなぜか、正当性を主張し出した『週刊文春』 »

2012.09.14

<六本木クラブ撲殺事件>「第1回 被害者・藤本亮介さんの素顔」

 本紙では9月2日に東京・六本木のロアビル2階のクラブ「フラワー」で発生したこの凶悪事件につき、9月4日、9月7日と報じているが、その取材結果をまとめて報じることにした。というのも、この事件にはいわゆる「半グレ」といわれる、暴力団に属さないことから、これまで当局の取り締まり対象外だった不良、愚連隊の連中が何らかの関与をしているようだが、その闇は想像以上に深いと思われるからだ。横綱だった朝青龍の引退の契機になった暴行事件、また歌舞伎俳優・市川海老蔵に対する暴行事件で一躍有名になった「関東連合」もその半グレの一大勢力。両事件後、当局はその摘発に力を入れ出したとされる。だが、ある理由から、その取り締まりは一筋縄ではいかないようなのだ。今回の事件を取材すると、そんな一端をかいま見る証言なども出て来た。第1回目は、被害者・藤本亮介さん(31)の素顔の一面について報じる。大学時代の友人が重い口を開いてくれたーー。
 2012年9月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第191回 廃れ行く演歌ーー哀れな末路を予感させる美川憲一と小林幸子」 | トップページ | VS上原多香子名誉毀損訴訟ーーなぜか、正当性を主張し出した『週刊文春』 »

コメント

ヴィヴィアン 専門店 : http://www.gobrandjapan.com
ヴィヴィアンウエストウッド 専門店 : http://www.gobrandjapan.com
Vivienne Westwood 専門店 : http://www.gobrandjapan.com
ヴィヴィアンウエストウッド バッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-1-b0.html
Vivienne Westwood バッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-1-b0.html
ヴィヴィアン バッグ: http://www.gobrandjapan.com/category-1-b0.html
Vivienne バッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-1-b0.html
ヴィヴィアン ハンドバッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-3-b0.html
ヴィヴィアンウエストウッド ハンドバッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-3-b0.html
Vivienne Westwood ハンドバッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-3-b0.html
Vivienne ハンドバッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-3-b0.html
ヴィヴィアン ハンドバッグ 新作 : http://www.gobrandjapan.com/category-3-b0.html
ヴィヴィアンウエストウッド トートバッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-5-b0.html
Vivienne Westwood トートバッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-5-b0.html
ヴィヴィアン トートバッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-5-b0.html
Vivienne トートバッグ : http://www.gobrandjapan.com/category-5-b0.html

投稿: ヴィヴィアンウエストウッド バッグ | 2012.09.17 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55652079

この記事へのトラックバック一覧です: <六本木クラブ撲殺事件>「第1回 被害者・藤本亮介さんの素顔」:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第191回 廃れ行く演歌ーー哀れな末路を予感させる美川憲一と小林幸子」 | トップページ | VS上原多香子名誉毀損訴訟ーーなぜか、正当性を主張し出した『週刊文春』 »