« 米FBI、GCBも注目ーー「アルゼ」岡田和生会長に浮上した一大重大疑惑 | トップページ | 新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(下) »

2012.09.22

<書籍紹介>『泣いて、病んで、でも笑って』(今井メロ。双葉社)

 トリノ五輪(06年2月)で金メダルを期待されながら転倒、予選も突破できず、スノーボードハーフパイプ日本代表の選手生命を終えた今井メロ(25)--。あれから6年。彼女が初めて自分のこれまでの人生、思いを赤裸々に綴ったのが本書だ。そして、彼女の歩みはまさに壮絶としか表現できないものだった。あの星飛馬のような、6歳からの父との過酷な練習だけの日々とその軋轢。リストカット、レイプ、家出、キャバ嬢体験、風俗嬢疑惑、そしてホストクラブ通い。それでも再起しトリノ五輪に掛けたが予選突破すらできず、バッシング報道の嵐に……。壮絶な体験は選手時代だけに止まらない。2度の離婚。異常妊娠。生活保護受給。この間、統合失調感情障害に悩み、また容姿コンプレックスから3度整形もしたという。
 2012年9月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 米FBI、GCBも注目ーー「アルゼ」岡田和生会長に浮上した一大重大疑惑 | トップページ | 新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(下) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55720394

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『泣いて、病んで、でも笑って』(今井メロ。双葉社):

« 米FBI、GCBも注目ーー「アルゼ」岡田和生会長に浮上した一大重大疑惑 | トップページ | 新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(下) »