« <書籍紹介>『泣いて、病んで、でも笑って』(今井メロ。双葉社) | トップページ | 26日投開票ーー自民党総裁選、石原親子が抱える「オウム」との過去 »

2012.09.23

新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(下)

 それにしても、なぜ、こんな何の断りもなく、一方的に、「あなたの年金が消える」なんてことがあり得るのか?以下は、本紙・山岡と「年金機構本部」(東京都杉並区)とのやりとりを一部平易な表現に替え、要約したものだ。ーー指摘のような“内規”は本当に存在するのか?「“内規”ではなく、『国の債権の管理等に関する法律』に基づいています。その10条(管理の基準)に、“財政上、もっとも国の利益に適合するように処理しなければならない”と謳われており、“臨時の支払い分”というか、“遡及の支払い分”に関しては債務との相殺に回してもいいと考えています」。――“遡及の支払い分”とは、Aさんのケースでいえば6万5000円分をいうのか?「そうです。本来、以前に支払われている分を、手続きミスで後日支払うことになった場合を対象にしているので、“遡及”の用語が付いているんです。ただし、その対象は奇数月に限りません」。ーーつまり、Aさんのケースでいえば、年金事務所担当者が早めに7月ではなく、8月に22万円にプラスして支払おうとしても、やはりその6万5000円は引かれたということか。「そういうことです」
 2012年9月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <書籍紹介>『泣いて、病んで、でも笑って』(今井メロ。双葉社) | トップページ | 26日投開票ーー自民党総裁選、石原親子が抱える「オウム」との過去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55721591

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな重大問題発覚ーー突然、あなたの年金が消える! 受給被害者が語る、「日本年金機構」の仰天“徴収"手口(下):

« <書籍紹介>『泣いて、病んで、でも笑って』(今井メロ。双葉社) | トップページ | 26日投開票ーー自民党総裁選、石原親子が抱える「オウム」との過去 »