« 「東京ガールズコレクション」、朝鮮総連系“乗っ取り”で動向注目の大手企業 | トップページ | 陸自ヘリ官製談合疑惑の背後に、守屋元事務次官!? »

2012.09.06

20年前から巨額投機をやっていた「エドウイン」常見修二社長

大手ジーンズメーカー「エドウイン」(東京都荒川区。)のグループが、08年9月のリーマン・ショック後、200億円ともいわれる巨額の証券投資損を出しながら、粉飾決算を行っている可能性があると8月24日、「読売」を筆頭に各紙報道。8月上旬、エドウインの経理担当者が自殺したことで、この疑惑が浮上したようだ。報道を受け、8月31日、同社は外部の第三者委員会を設置。11月を目処に調査結果を出すとしているのは大手マスコミ既報の通り。エドウインは、ジーンズの国内専業メーカーとしてはトップ。ジーンズ製造卸の中核企業エドウイン単体だけでも約290億円(11年5月期)の売り上げがある。しかし、未上場企業ということもあり、その実態は伺えず、これまでの報道はほとんど前述のことがすべて。こうしたなか、本紙は20年以上、同社並びにほとんどのグループ会社の代表を務める創業者2代目の常見修二氏(=冒頭右写真。68)を知るという人から話を聞くことができた。
 2012年9月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 「東京ガールズコレクション」、朝鮮総連系“乗っ取り”で動向注目の大手企業 | トップページ | 陸自ヘリ官製談合疑惑の背後に、守屋元事務次官!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55596836

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前から巨額投機をやっていた「エドウイン」常見修二社長:

« 「東京ガールズコレクション」、朝鮮総連系“乗っ取り”で動向注目の大手企業 | トップページ | 陸自ヘリ官製談合疑惑の背後に、守屋元事務次官!? »