« 反原発若手活動家・園良太氏が語る、原宿署内「保護房」の実態 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(346)最大手学習塾「栄光ゼミナール」経営権巡り三つ巴の抗争 »

2012.07.09

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第184回  全テレビ局に警告す! 吉本“汚わい”芸人出演を制限せいっ!」

 今年4月以降、NHKを含め全テレビ局の新番組に「吉本興業」の“汚わい”芸人が溢れ返っているのに驚いた。朝から深夜まで、いくらチャンネルを替えても替えても、汚わい芸人が湧き出しているのだ。湧き出したという表現がピッタリだ。朝から下品な大阪弁でがなり立てられると、吐き気がする。言葉も下品だが顔も下品(特に千原兄弟=冒頭写真)。芸人たちがお笑ではなく汚わいで、茶の間に汚わいを撒き散らしているとしか見えない。聞くところによれば吉本興業が株式公開を止め、代わりに全民放が吉本の株を持ったのだと。それをまとめたのがソニーの出井伸之元会長であり、その経緯から吉本汚わい芸人が増殖してしまったようだ。一週間の全放送時間帯の週一くらいならまだ許せるが、連日連夜である。出ている汚わい芸人どもの「日本の全テレビ局を吉本で乗っ取ったぞ」という態度とアクションだ。しかも、レギュラーで出ている連中は全員、東京に住まいを移したと聞く。その本論の前に、この5~6月にかけ騒動になった、吉本所属のお笑いコンビ・次長課長の河本準一(横写真。37)、続いて「キングコング」の梶原雄太(31)の母親が生活保護費をもらっていた件に触れておきたい。ただし、筆者がここでいいたいのは、2人が売れるようになっても、母親がなお生活保護費をもらい続けていた点ではない。「吉本ファイナンス」の件だ。
 2012年7月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 反原発若手活動家・園良太氏が語る、原宿署内「保護房」の実態 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(346)最大手学習塾「栄光ゼミナール」経営権巡り三つ巴の抗争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55159683

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第184回  全テレビ局に警告す! 吉本“汚わい”芸人出演を制限せいっ!」:

« 反原発若手活動家・園良太氏が語る、原宿署内「保護房」の実態 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(346)最大手学習塾「栄光ゼミナール」経営権巡り三つ巴の抗争 »