« 原監督1億円恐喝事件(第4弾)ーー中畑清の仲介に関し重大証言 | トップページ | <主張>疑問を呈しないわけにいかない『週刊文春』の小沢一郎の妻の手紙 »

2012.07.01

上告棄却ーー「オリンパス」、内部通報社員の配転は“報復”だったと確定

 例の巨額損失隠し事件で信用は失墜、買収の話も出ている「オリンパス」(7733。東証1部。東京都新宿区)だが、恥の上塗りといってもいい結論が6月28日付で出た。オリンパスの社員である浜田正晴氏(51)は、内部通報によって不当に配置転換されたとして提訴。昨年8月、「(配転は)通報に対する制裁が目的で、人事権の乱用に当たる」との浜田氏勝訴の逆転二審判決が出た。これを不服としてオリンパスは上告していたが、最高裁はこれを棄却する決定をした。「上告審は憲法違反の案件しか扱わない。結論先延ばしの時間稼ぎ以外の何者でもない。しかもほどなく巨額損失隠し事件が表面化。さらに今年1月には東京弁護士会がオリンパスに対し、浜田氏の件は“重大な人権侵害に当たる”と異例の警告を出しました。ですが、それ以降も、オリンパスは上告取り下げはしないし、浜田氏の社内での扱いも従来通り、仕事を与えずただ机の前に座らせ続けていた(周りの社員は一切無視)んです」(関係者)。上告棄却により、配転無効、法人としてのオリンパスと上司1名に計220万円の支払いを命じた東京高裁の二審判決が確定した。そもそも、巨額損失隠し事件にしても、会社にとって都合が悪いことは隠すというオリンパスの風通しの悪い体質にあると見られるが、浜田氏が違法な配転をされた原因も共通していた。
 2012年6月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 原監督1億円恐喝事件(第4弾)ーー中畑清の仲介に関し重大証言 | トップページ | <主張>疑問を呈しないわけにいかない『週刊文春』の小沢一郎の妻の手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55098664

この記事へのトラックバック一覧です: 上告棄却ーー「オリンパス」、内部通報社員の配転は“報復”だったと確定:

« 原監督1億円恐喝事件(第4弾)ーー中畑清の仲介に関し重大証言 | トップページ | <主張>疑問を呈しないわけにいかない『週刊文春』の小沢一郎の妻の手紙 »