« シティグループ証券らを被告とする注目訴訟の第1回口頭弁論は6月6日 | トップページ | 警視庁も注目ーー塩見・萩学園・ベネフィット・亀井、魑魅魍魎の行方 »

2012.06.05

「取れない責任を取ると言うな」――大飯原発の再稼動に反対し、市民団体が緊急記者会見

 関西電力・大飯原発3・4号機(福井県おおい町)の再稼動に向けた動きがいよいよ最終局面を迎えようとしている。昨日6月4日、細野豪志原発相が福井県庁を訪問、西川一誠知事と会談し、知事から前向きな返答を得たとされる。今週にも閣僚会議が開かれ、野田首相が再稼働声明を発表するとみられる。首相官邸前では市民が連日、千人以上集まって、抗議行動を繰り広げている。こうしたなか6月4日、午後3時から、衆議院第一議員会館で、「取れない責任を取ると言うな 大飯原発を再稼動するな 緊急記者会見」が開かれた。呼びかけたのは、eシフト、グリーンピースなど、脱原発を求める市民団体だ。会見の開始前に、インターネットで福井県庁前とつながった。細野原発相が訪問するのにあわせ、福井県庁前は厳戒態勢がしかれていた。再稼動に反対する市民も徐々に結集。その現場に俳優の山本太郎氏の姿も。彼は「フリージャーナリストも締め出されている。こうして大本営発表が垂れ流されるのは事故前とまったく変わらないですね」と語った。さて記者会見がはじまった。司会は小島敏郎氏(青山学院大学教授)。水野誠一氏(元参院議員、株式会社IMA代表)は、「いったい福島第一の事故から何を学んだのか、と野田首相に問いたい。大飯原発が再稼動すれば、一気に他の原発の再稼動につきすすむだろう。浜岡原発が再稼動し、大地震に見舞われれば、日本は終わりだ」「私は元々、原発容認だった。しかし、核廃棄物の最終処理方法がないこと、地震が多い日本では特に原発はあってはならないことに気づいた。この“気づきの輪”をもっと広げよう」。
 2012年6月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« シティグループ証券らを被告とする注目訴訟の第1回口頭弁論は6月6日 | トップページ | 警視庁も注目ーー塩見・萩学園・ベネフィット・亀井、魑魅魍魎の行方 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の書き方 | 2012.06.15 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54882965

この記事へのトラックバック一覧です: 「取れない責任を取ると言うな」――大飯原発の再稼動に反対し、市民団体が緊急記者会見:

« シティグループ証券らを被告とする注目訴訟の第1回口頭弁論は6月6日 | トップページ | 警視庁も注目ーー塩見・萩学園・ベネフィット・亀井、魑魅魍魎の行方 »