« <ミニ情報>大物金融ブローカー「永本壹柱」被告、保釈に | トップページ | 「アクセスジャーナルTV」6月30日第2回「オウム+安楽死法案など」(7pm~。政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏) »

2012.06.23

「医療機関債」詐欺疑惑病院は、以前から病院ブローカーに「ハコ」として使われていた

  本紙でも既報の、「医療機関債」を10億円以上集めながら、その直後、唯一経営していた「戸山公園クリニック」(東京都新宿区)を閉院した医療法人社団「真匡会」(同)の詐欺疑惑だが、以前から、この医療法人、病院ブローカーが介入し、金集めの「ハコ」に利用されていた模様であることが、関係者の証言などから見えて来たので追加報告しておく。この医療法人社団は95年7月に設立。その際の法人名は「寿和会」だった。その後「賢和会」、そして医療機関債を発行する直前に「真匡会」に商号変更していた。本紙が得た情報によれば、すでに「賢和会」時代(98年2月~11年4月)後期から、今回の医療機関債発行を裏で画策したと思われる「共同医療事務センター(株)」のような、病院経営のコンサルを業に掲げた病院ブローカー会社が関わっていたからだ。
 2012年6月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <ミニ情報>大物金融ブローカー「永本壹柱」被告、保釈に | トップページ | 「アクセスジャーナルTV」6月30日第2回「オウム+安楽死法案など」(7pm~。政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏) »

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55036338

この記事へのトラックバック一覧です: 「医療機関債」詐欺疑惑病院は、以前から病院ブローカーに「ハコ」として使われていた:

« <ミニ情報>大物金融ブローカー「永本壹柱」被告、保釈に | トップページ | 「アクセスジャーナルTV」6月30日第2回「オウム+安楽死法案など」(7pm~。政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏) »