« なぜ、経営陣は訴えないのか? 「ホッコク」の不動産取引で浮上した「反社」疑惑 | トップページ | 巨人原監督が元暴力団員に1億円ーー『週刊文春』で書かれなかったこと »

2012.06.21

今度は渋谷区でホームレス一斉排除の動き

 去る6月11日早朝、渋谷駅東口から歩いてすぐの美竹公園が区職員、ガードマンによって突然、封鎖されるということがあった。名目上は「災害時の一時集合場所」をつくるための整備工事とのことだが、同公園には約10人のホームレスがテントを張って生活している。また、支援団体「渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合」(のじれん)が週一回、公園内で炊き出しも行なってきた。しかも同日、渋谷区役所の地下駐車場や、区役所前トイレも封鎖されたのだが、地下駐車場は夜露をしのぐためにホームレス数十人が避難所として利用していた。こちらも改修を名目にしているわけだが、何の予告なく、ホームレスが生活する3箇所の公共空間が同時に封鎖されたとあれば、ホームレスの一斉排除が目的と考えるのが自然だろう。渋谷区は1週間をめどに退去を求めるとしているが、美竹公園内には今日もテントが張られ、ホームレスが起居している。
 2012年6月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« なぜ、経営陣は訴えないのか? 「ホッコク」の不動産取引で浮上した「反社」疑惑 | トップページ | 巨人原監督が元暴力団員に1億円ーー『週刊文春』で書かれなかったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/55018721

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は渋谷区でホームレス一斉排除の動き:

« なぜ、経営陣は訴えないのか? 「ホッコク」の不動産取引で浮上した「反社」疑惑 | トップページ | 巨人原監督が元暴力団員に1億円ーー『週刊文春』で書かれなかったこと »