« 香港の経済専門誌が「邱永漢」氏を批判する特集記事を組む | トップページ | <記事紹介>本紙、「朝日新聞」で紹介される »

2012.05.17

「復帰」40年を迎えた沖縄現地ルポーー普天間へのオスプレイ配備に、沖縄県民の怒りは頂点に

 1972年5月15日の沖縄の「祖国復帰」から40年。沖縄現地をルポしたーー。この間、県民所得は大幅に向上した一方、米軍基地は維持され、未だ在日米軍の実に74%が沖縄に集中。強姦やひき逃げ事件などを米兵が引き起こしても、日米地位協定に守られている現実も変わっていない。さらに鳩山由紀夫元首相が米軍普天間基地の「県外移設」を掲げ、期待を集めた挙句、「県外移設」を撤回し辞任したことに多くの沖縄県民は失望。「沖縄の米軍基地が減らないのは、本土による沖縄差別」と捉える沖縄県民が半数にのぼるとの世論調査の結果も出ている。こうしたなかで昨5月15日、政府と県主催の沖縄復帰40周年記念式典が沖縄・宜野湾市で開かれたが、沖縄県側には出席を拒否する国会議員や元県知事が続出した。式典で野田首相は「普天間の固定化はあってはならない」と述べた。しかし、代替施設の辺野古沖への移設には、地元名護市だけでなく県全体が反対しており、実現の目途は立っていない。他方、米政府は老朽化した普天間基地の改修費として総額200億円を日本政府に要求しているが、固定化を避けるというのであれば当然、拒否すべきであるのに、日本政府は態度を決めていない。普天間基地は、宜野湾市の中心部に位置する「世界一危険な基地」(元米国防省長官ラムズフェルド)として知られている。ところが、ここに来て墜落事故が多発しているV-22航空機、通称「オスプレイ」の普天間配備計画が浮上して来ている。
 2012年5月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 香港の経済専門誌が「邱永漢」氏を批判する特集記事を組む | トップページ | <記事紹介>本紙、「朝日新聞」で紹介される »

コメント

日本は米国の発言にいちいち過敏に反応しますが、日本は米国にとってよき友好国である。
しかし一方で、日本の政治には改善すべき点が数多く存在する。これは我が国の高等教育の問題でもある。
我が国には個人主義のないので「日本の和の文化は、過剰なコンセンサス社会に堕落してしまった」。
刹那は永遠と考えられている世界では「『一度失敗するともう終わり』という恐れが強すぎる」。
意思のない社会では意思決定は難しく、指導者「個人の決断」が「コンセンサスを得る」ことに置き換えられている。

意思決定は、日本人にとって難しいが、これができるようにならない限り何処にも相手にされる個人にはなれない。
また、意思のないところに方法はない。このような事情は「議論して決断する」意思の内容を日本人が正しく学ぶ機会がなかったからである。
正しい「議論」の仕方を学んでいないため、感情論に陥ったり、本質とはなれた議論に終始したりする。
まだまだ12歳の少年なんだと結論できます。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012.05.17 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54729291

この記事へのトラックバック一覧です: 「復帰」40年を迎えた沖縄現地ルポーー普天間へのオスプレイ配備に、沖縄県民の怒りは頂点に:

« 香港の経済専門誌が「邱永漢」氏を批判する特集記事を組む | トップページ | <記事紹介>本紙、「朝日新聞」で紹介される »