« 「アクセスジャーナルTV」5月26日第1回「TVの洗脳+橋下徹・石原慎太郎の評価」(7pm~。政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏) | トップページ | 自ら“上場廃止宣言”をした「ホッコク」の狙いーー背後に投資系上場企業 »

2012.05.23

『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第40回「昭和40年代にはすべてが詰まってた」

 こないだ買って読んだ『現在につづく昭和40年代激動文化(ラジカルチャー)』(伊達政保著 汎世書房)は、記憶が刺激される本だった。発売は1月だが、ずっと気になっていたのだ。著者の伊達政保氏は1969年中央大学入学、激動の時代を全共闘で走り、新宿区役所職員時代に配転に抗議して何と切腹!して懲戒免職、市民運動から河内音頭、ジャズまで文化方面も幅広く、あの時代から現在まで全身カウンターカルチャーを体現してきた先輩的存在だ。本書は、1997年から2011年までの時評・文化コラムを編んだものだが、60年代、70年代といった時代区分ではなく、昭和40年代という区分にこだわっているのが面白い。確かに、政治・社会運動からカルチャー全般、風俗・ファッション、メディアまで昭和40年代でくくるとあらゆるもののニューウェーブの推移が詰まっていて、ホンマに分かりやすい。しかしだ、たとえば昭和30年代だと『三丁目の夕日』のように昭和レトロで何かと語られるが、昭和40年代はどうしたこうしたはほとんど聞かない。「60年代カルチャー」とか、「1968年の革命」とか、「1972年が終わりの始まり」だとか、何かと意味付与されるのは西暦のくくりだ。こちとら昭和40年代は、小学5年から大学2年までまたがる、まさに物心ついて、上の世代の流行にあこがれながら、最後はシラケの時代でしめるという、ところか。そこでこの10年を特徴づける3つのキーワードで表してみようと考えたところ「エレキ、ホラー、暴力」の3つが浮かび上がってきた。
 2012年5月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「アクセスジャーナルTV」5月26日第1回「TVの洗脳+橋下徹・石原慎太郎の評価」(7pm~。政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏) | トップページ | 自ら“上場廃止宣言”をした「ホッコク」の狙いーー背後に投資系上場企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54781572

この記事へのトラックバック一覧です: 『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第40回「昭和40年代にはすべてが詰まってた」:

» ロンドンオリンピックとビーチバレー盗撮魔 [狙われたビーチバレー!ロンドンオリンピックと盗撮魔]
開幕迫るロンドンオリンピック!ビーチバレーとパパラッチと盗撮 [続きを読む]

受信: 2012.05.24 00:37

« 「アクセスジャーナルTV」5月26日第1回「TVの洗脳+橋下徹・石原慎太郎の評価」(7pm~。政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏) | トップページ | 自ら“上場廃止宣言”をした「ホッコク」の狙いーー背後に投資系上場企業 »