« 沖縄・高江の米軍ヘリパッド増設工事を受注した、下地幹郎代議士の親族企業「大米建設」 | トップページ | 『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第40回「昭和40年代にはすべてが詰まってた」 »

2012.05.23

「アクセスジャーナルTV」5月26日第1回「TVの洗脳+橋下徹・石原慎太郎の評価」(7pm~。政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏)

 10年7月以降、ジャーナリスト仲間の寺澤有氏と「野良犬ジャーナル」を放送していますが、互いに忙しく、なかなか共通の放送日を確保できない事情もあり、かといって、映像による報道(識者との対談、鼎談。インタビューなど)も重要という認識の元、不定期ながら、現状より多用して行こうという考えから、山岡単独の「アクセスジャーナルTV」を再開することにしたわけです。4月28日の試行を経て、いよいよ5月26日に本放送を再開します。現状、特番がない場合は、渡辺正次郎氏を招いて月1回のペースでやって行くつもりです。本紙の読者ならご存じのように、渡辺氏は政治家秘書を経て現在、政治ジャーナリスト。政治家の実態にも詳しいですが、以前には芸能界に席を置いてヒットチャート誌の編集長、自ら芸能プロを経営していたこともあり芸能界・テレビ業界の裏側にも精通しています。そこで1回目の今回は、前半は占いや宗教に染まる芸能人も多いなか、テレビの“洗脳”について、後半では、いま話題の橋下徹・石原慎太郎両氏の評価と政界再編の行方、さらに時間が許せば東電の裏側、タブー視されている“安楽死法案“につき、本紙・山岡が対談形式で突っ込んで聞きます。興味のある方は、是非、ご覧下さい(→ココをクリックすれば番組にアクセスできます
 2012年5月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 沖縄・高江の米軍ヘリパッド増設工事を受注した、下地幹郎代議士の親族企業「大米建設」 | トップページ | 『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第40回「昭和40年代にはすべてが詰まってた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54778254

この記事へのトラックバック一覧です: 「アクセスジャーナルTV」5月26日第1回「TVの洗脳+橋下徹・石原慎太郎の評価」(7pm~。政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏):

« 沖縄・高江の米軍ヘリパッド増設工事を受注した、下地幹郎代議士の親族企業「大米建設」 | トップページ | 『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第40回「昭和40年代にはすべてが詰まってた」 »