« 本紙指摘通り、大阪府警が捜査に着手していたーーミスタータイガースも | トップページ | <ミニ情報>不起訴になっていた細川徳生氏 »

2012.04.13

<ミニ情報>「虎ノ門グループ」の事件、闇社会への広がりなく決着の公算大

  一部で“山口組の金庫番”とも報じられ、東証2部上場の中堅ゼネコンだった「井上工業」(群馬県高崎市。破産に)を舞台にした架空増資事件に絡み、その背後にいるとされる暴力団関係者の闇にも広く切り込むのではないかと見られていた、永本壹柱被告(62)を実質トップとする闇金「虎ノ門グループ」の貸金業法違反事件(無登録営業)ーーだが、本紙の観測通り、その後、誰一人再逮捕もなく、ほどなく決着を迎えそうだ。貸金業法違反ではグループの計4名が逮捕され、中心メンバーの前野森幸、永本両被告はさすがに起訴後のいまも保釈になっていない。
  2012年4月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 本紙指摘通り、大阪府警が捜査に着手していたーーミスタータイガースも | トップページ | <ミニ情報>不起訴になっていた細川徳生氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54462633

この記事へのトラックバック一覧です: <ミニ情報>「虎ノ門グループ」の事件、闇社会への広がりなく決着の公算大:

« 本紙指摘通り、大阪府警が捜査に着手していたーーミスタータイガースも | トップページ | <ミニ情報>不起訴になっていた細川徳生氏 »