« 公安警察の狙い撃ち逮捕か――別件逮捕されていた、「反原発」若手著名活動家 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(334)桑田真澄元投手の元義兄の余罪(上場企業トップも関与) »

2012.04.05

若杉正明プロジューサーの映画出資詐欺疑惑、いよいよ事件化へ(複数の“有名人”も関与か)

 本紙でも3度報じている、映画「クライマーズ・ハイ」や「血と骨」などの話題作で知られる「ビーワイルド」(大阪市西区)の若杉正明代表兼プロジューサーの金銭疑惑だが、いよいよ事件化へ向け煮詰まって来たようだ。また、この“出資詐欺話”には、複数の芸能関係者や、いわゆる「反社」も関与していると当局は見ているとの話も漏れて来たので以下、報告する。もっとも、若杉氏は一貫してそんな疑惑はないと強気の姿勢のようだ。本紙が3度目に報じた、団鬼六氏の官能小説『花と蛇』のファイナル映画を作成するとして、複数の大物俳優側に出演話を持ち込んでいる件に関し、その件で若杉氏当人に今年に入って抗議したという人物は、呆れ顔でこう漏らす。「いくらいっても、騙してなどないと言い張る。自信満々という顔で、全然びくびくした様子も見えない。だけど、客観的事実として先に『東映』の方に映像化の権利譲渡がされている。それを指摘すると、どういったと思いますか!? “団さんが惚けてて、誤って2重譲渡したんでしょう”って。万一、それが事実なら若杉は逆に被害者になる。まさに『死人に口なし』だよね。あの妙に自信満々の態度だと、事情を良く知らない者は納得しちゃうかも。未だに、新たな出資者を捜しているともいっていた。へんな言い方だけど、たいしたもんだと思いましたよ」。
 2012年4月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 公安警察の狙い撃ち逮捕か――別件逮捕されていた、「反原発」若手著名活動家 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(334)桑田真澄元投手の元義兄の余罪(上場企業トップも関与) »

コメント

パンプスと言えば何といってもトリーバーチ パンプスが一番いいと思います。なぜそう言いますか?それはトリーバーチ パンプスが履き心地にこだわったことを強調することです。快適な履き心地でいくら遠い道を歩んでも構わない。それは最高でね。

投稿: トリーバーチ ショルダー&ハンドバッグ | 2012.04.19 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54398785

この記事へのトラックバック一覧です: 若杉正明プロジューサーの映画出資詐欺疑惑、いよいよ事件化へ(複数の“有名人”も関与か):

« 公安警察の狙い撃ち逮捕か――別件逮捕されていた、「反原発」若手著名活動家 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(334)桑田真澄元投手の元義兄の余罪(上場企業トップも関与) »