« 「幻冬舎」は和解で増刷しないと約束ーー出版ブームの「エンディングノート」本に著作権侵害の疑い(大手企業多数) | トップページ | 銀行詐欺事件で1審実刑ーー元社長の「ホッコク」におけるまだ指摘されていない不動産関係重大疑惑 »

2012.04.09

<書籍紹介>「どん底から這い上がったスターたち」(金澤誠。ミヤオビパブリッシング)

 人間、いつ落とし穴に転落するかわからない。きっかけは病気、借金、スキャンダルなど。そんな時、どう対処したらいいのか? 自力で這い上がって来たスター33人から、その「ピンチ脱出法」を学ぼうというコンセプトだ。明日から全国発売(500円)。闘病編では西城秀樹、たけし、渡辺謙など。借金編は村西とおる、矢沢永吉、さだまさし、石川さゆり、ガッツ石松といった具合。著者の金澤誠氏は、本紙・山岡がマスコミ界に20代後半で入った直後、『週刊宝石』(休刊)で芸能などを担当していたすでに大ベテラン記者で、『噂の真相』(同)の岡留安則編集長(当時)から、宝石の記者募集をしているということで紹介されて以来おつきあいさせていただいている。予定通り、宝石記者になっていたら、芸能中心になっていたはずで、そうすると、本紙のようなネット記事配信をやることにはならなかったはず。人生はまた、どこでどう方向が変わるかもわからないものだ……。詳細は金澤氏のHPをご覧下いただきたい(→ココをクリックのこと
 2012年4月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「幻冬舎」は和解で増刷しないと約束ーー出版ブームの「エンディングノート」本に著作権侵害の疑い(大手企業多数) | トップページ | 銀行詐欺事件で1審実刑ーー元社長の「ホッコク」におけるまだ指摘されていない不動産関係重大疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54434578

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>「どん底から這い上がったスターたち」(金澤誠。ミヤオビパブリッシング):

« 「幻冬舎」は和解で増刷しないと約束ーー出版ブームの「エンディングノート」本に著作権侵害の疑い(大手企業多数) | トップページ | 銀行詐欺事件で1審実刑ーー元社長の「ホッコク」におけるまだ指摘されていない不動産関係重大疑惑 »