« 『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第37回「酒も飲まずに炭酸飲料なんて耐えられん」 | トップページ | 若杉正明プロジューサーの映画出資詐欺疑惑、いよいよ事件化へ(複数の“有名人”も関与か) »

2012.04.05

公安警察の狙い撃ち逮捕か――別件逮捕されていた、「反原発」若手著名活動家

 去る2月3日、本紙は東京都江東区にある竪川河川敷公園に居住するホームレスが、「公園の改修工事」を理由に区から撤収を迫られている問題をお伝えした。その直後の2月8日、区はついに公園内の一軒のテントに対して強制排除をおこなった。追い出されたのは高齢で、健康状態の悪かった男性1名。追い出しのショックで倒れこんだため救急車で搬送された(支援者によれば、この男性は生活保護の受給を拒否し、再び竪川河川敷公園の別の一角に居住しているという)。区による強制執行は社会的な波紋を呼んだ。3月2日、部落解放同盟などの人権団体・個人で構成する「人権白書東京実行委員会」が江東区長宛に話し合いでの解決を求める緊急要請書を提出。一方、東京スカイツリーの5月開業が迫るなか、注目を集める強制執行は避けざるを得なかったのか、年度末までに再度の追い出しはなかった。さて2月8日の強制排除の翌日、ホームレスの支援者たちが江東区役所に詰めかけ、追い出しに抗議したのだが、その過程で、ひとりの青年が器物損壊容疑(その後不起訴)で逮捕された。この逮捕された青年、実は08年の麻生邸リアリティツアーで逮捕され(不起訴)、昨年の東電前アクションで本紙も紹介したことのある活動家・園良太氏だった。当初、本人が黙秘しており、弁護士や救援者も本人の意志を尊重して本名を伏せてきたが、3月29日、東京地裁で開かれた勾留理由開示裁判を機に本人が実名を出すことにしたという。園良太氏といえば、昨年9月に東京都新宿区で行なわれた「差別・排外主義にNO!9・23行動」でのデモの最中、警備中の警察官によって公務執行妨害容疑で逮捕(不起訴処分)されている。園氏は、なぜこうも度々、逮捕されるのか?今回の逮捕について、ある事情通は語る。
 2012年4月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第37回「酒も飲まずに炭酸飲料なんて耐えられん」 | トップページ | 若杉正明プロジューサーの映画出資詐欺疑惑、いよいよ事件化へ(複数の“有名人”も関与か) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54396726

この記事へのトラックバック一覧です: 公安警察の狙い撃ち逮捕か――別件逮捕されていた、「反原発」若手著名活動家:

« 『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第37回「酒も飲まずに炭酸飲料なんて耐えられん」 | トップページ | 若杉正明プロジューサーの映画出資詐欺疑惑、いよいよ事件化へ(複数の“有名人”も関与か) »