« 共謀罪と秘密保全法案――着々と進む国家による情報統制と治安管理 | トップページ | <DVD紹介>『お米が食べられなくなる日』(制作・アジア太平洋資料センター) »

2012.04.26

<ミニ情報>塩田大介「迎賓館」巡る競売妨害事件ーー分離公判で、全面的に認める

 本日(4月25日)午前11時から、東京地裁で岡村泰孝被告(64)の初公判があった。岡村被告は、マンション販売会社「ABCホーム」の元社長・塩田大介被告(44。4月13日起訴)が実質所有する東京都港区西麻布の通称「迎賓館」と呼ばれていたマンションの競売を、塩田被告と共謀して妨害したとして競売入札妨害の罪に問われている。ただし、塩田被告と公判は分離されている。検察側の冒頭陳述では、岡村被告は塩田被告に対し債権があったところ、塩田被告から共謀して競売を妨害しようと持ちかけられ402号室を虚偽登記したとか、その402号室の登記上の所有会社代表は別人ながら、代表印は岡村被告が保管し、実質代表だった旨などが述べられた。そして、岡村被告はこの容疑を全面的に認めている。
 2012年4月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 共謀罪と秘密保全法案――着々と進む国家による情報統制と治安管理 | トップページ | <DVD紹介>『お米が食べられなくなる日』(制作・アジア太平洋資料センター) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54560670

この記事へのトラックバック一覧です: <ミニ情報>塩田大介「迎賓館」巡る競売妨害事件ーー分離公判で、全面的に認める:

« 共謀罪と秘密保全法案――着々と進む国家による情報統制と治安管理 | トップページ | <DVD紹介>『お米が食べられなくなる日』(制作・アジア太平洋資料センター) »