« <お知らせ>4月14日「探偵を知る」無料セミナーは中止になりました | トップページ | <ミニ情報>「虎ノ門グループ」の事件、闇社会への広がりなく決着の公算大 »

2012.04.12

本紙指摘通り、大阪府警が捜査に着手していたーーミスタータイガースも

本紙は4月5日、映画「クライマーズ・ハイ」や「血と骨」などで知られる若杉正明氏の映画出資詐欺疑惑につき、大阪府警がいよいよ捜査に乗り出したと報じた。それを奇しくも証明する記事が、いま発売中の『週刊朝日』で報じられている。「掛布雅之への『重大疑惑』」という2頁のタイトル記事がそれだ。それだけでは、若杉氏の件とは気づかない。だが、その本文に目を通せば、ミスタータイガースこと掛布が、まさにこの映画出資の件で、この3月下旬、大阪府警捜査2課の捜査員から「聴取」されていると載っている。同記事によれば、掛布側も、被害者か加害者側かは見解が分かれるものの、ともかく捜査員に会ったことは認めている。本紙の前の記事のタイトルに「複数の“有名人”も関与か」と入っているように、実はこの時点で、本紙も掛布の名前が出ていることは掴んでいた。
  2012年4月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <お知らせ>4月14日「探偵を知る」無料セミナーは中止になりました | トップページ | <ミニ情報>「虎ノ門グループ」の事件、闇社会への広がりなく決着の公算大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54454337

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙指摘通り、大阪府警が捜査に着手していたーーミスタータイガースも:

« <お知らせ>4月14日「探偵を知る」無料セミナーは中止になりました | トップページ | <ミニ情報>「虎ノ門グループ」の事件、闇社会への広がりなく決着の公算大 »