« <新連載コラム>「ロビン・グットの『ためいきジャパン』」第5回 日本企業の「慢心と過信」 | トップページ | <連載>門真市公共工事巡りーー山口組弘道会・府警・地検の癒着疑惑を追う(第3回)「“反社情報”を未だ棚ざらしにする門真市役所」 »

2012.04.20

自己破産した「丸大証券」オーナーの重大疑惑

 本紙でも既報のように3月14日、「丸大証券」(東京都中央区)は東京地裁に自己破産を申請。同月26日には破産開始決定を受けている。自己破産の契機は、申請した3月14日、関東財務局から金融商品取引業の登録取消処分を受け営業停止になったから。前日、証券取引等監視委員会は、顧客からの預かり資産を不正に流用したとして丸大証券に行政処分を勧告。これを受け、関東財務局は丸大証券に対し、顧客資産の分離管理をしていないとして実質、営業廃止を命じたからだ。こうした経緯から、丸大証券が自己破産に至ったのは、一般には、顧客資産の約2億円を丸大証券の運転資金に回していたため、一発でレッド・カードになったとの認識だろう。だが、実際にはそんなレベルではなく、流用された顧客資産の約2億円はまったく丸大証券とは関係ない、同証券オーナーの別事業の借金穴埋めに使われている疑惑があるというのだ。さる関係者も、こう証言する。「そのような疑惑が出ていることは、少なくとも破産管財人もわかっているはず。ただ、いまは破産開始決定を受け、そちらの手続きが忙しいので手を付けていないだけ。いずれ、刑事告訴するのではないでしょうか」。いったい、どういうことなのか?
 2012年4月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載コラム>「ロビン・グットの『ためいきジャパン』」第5回 日本企業の「慢心と過信」 | トップページ | <連載>門真市公共工事巡りーー山口組弘道会・府警・地検の癒着疑惑を追う(第3回)「“反社情報”を未だ棚ざらしにする門真市役所」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54519352

この記事へのトラックバック一覧です: 自己破産した「丸大証券」オーナーの重大疑惑:

» 「CYCLONE-503 -Ultima Binary-」ミニ版1ヵ月間ライセンス自動更新GMOクリック証券 [「CYCLONE-503 -Ultima Binary-」ミニ版1ヵ月間ライセンス自動更新GMOクリック証券]
「CYCLONE-503 -Ultima Binary-」ミニ版1ヵ月間ライセンス自動更新GMOクリック証券 [続きを読む]

受信: 2012.04.21 17:00

« <新連載コラム>「ロビン・グットの『ためいきジャパン』」第5回 日本企業の「慢心と過信」 | トップページ | <連載>門真市公共工事巡りーー山口組弘道会・府警・地検の癒着疑惑を追う(第3回)「“反社情報”を未だ棚ざらしにする門真市役所」 »