« 東電フィクサーがスラップ(恫喝訴訟)ーー「原発スラップを許さない会」発足へ | トップページ | 「幻冬舎」は和解で増刷しないと約束ーー出版ブームの「エンディングノート」本に著作権侵害の疑い(大手企業多数) »

2012.04.09

<連載>門真市公共工事巡りーー山口組弘道会・府警・地検の癒着疑惑を追う(第1回)

 弘道会とは、いうまでもなくわが国最大の指定暴力団山口組トップ・司忍6代目の出身母体で、山口組内の最大組織。つまり、わが国暴力団のなかで最大勢力を誇る組織で、警察庁長官が名指しで壊滅を指示しているところだ。したがって、その弘道会の直系組織が関わり、公共工事に息のかかる下請け企業が参入し何千万円、下手をすれば億を超えるカネを儲けているとなれば、警察組織上げて摘発すべく動いて当然だろう。ところが、その疑惑がひじょうに濃厚にも拘わらず、大阪府警も、大阪地検も無視を決め込んでいると思わないわけにいかない案件があるのだ。本紙も、最初この話を聞いた時には俄には信じられなかった。しかも、事はそれだけに止まらない。何と、弘道会側を摘発しないどころか、その弘道会側と同じ公共工事に参入しようとしていた元暴力団幹部をでっち上げ逮捕。つまり、無視しているだけでなく、大阪府警の汚職警官が、弘道会側が参入できるようにライバル側を駆逐、つまり、弘道会側を当局が幇助してやっていた疑惑さえ出ているのだ。その公共工事とは、大阪府門真市役所発注の旧中央小学校解体工事と、その跡地に建った第六中学校建設工事(約26億円)。
 2012年4月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 東電フィクサーがスラップ(恫喝訴訟)ーー「原発スラップを許さない会」発足へ | トップページ | 「幻冬舎」は和解で増刷しないと約束ーー出版ブームの「エンディングノート」本に著作権侵害の疑い(大手企業多数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54426701

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>門真市公共工事巡りーー山口組弘道会・府警・地検の癒着疑惑を追う(第1回):

« 東電フィクサーがスラップ(恫喝訴訟)ーー「原発スラップを許さない会」発足へ | トップページ | 「幻冬舎」は和解で増刷しないと約束ーー出版ブームの「エンディングノート」本に著作権侵害の疑い(大手企業多数) »