« 「アートコーポレーション」が内心ホッとした出来事 | トップページ | 公安警察の狙い撃ち逮捕か――別件逮捕されていた、「反原発」若手著名活動家 »

2012.04.05

『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第37回「酒も飲まずに炭酸飲料なんて耐えられん」

 今回は、ちょいと趣向を変えて炭酸飲料のお話。どこかの記事に、25歳から34歳の男のほとんどは、家に帰って酒を飲まないというのがあってびっくり。職場も忙しくて帰りに一杯なんてほとんどない。大勢での宴会は盛り上がるか、普通に大衆酒場でぼやいたり愚痴をこぼすなんてのオヤジが中心らしい。その代わり炭酸飲料はよく飲むんだと。わしは、炭酸飲料なんて飲むひまがあったらビールを飲むな。特にこれからの季節は昼のビールが美味い(仕事にならんぞ!)。せめて家に帰ってくつろいでいるときくらいビールを飲まんかい! こないだも広告を見てたらフランスから「オランジーナ」(オレンジ果汁入りの炭酸飲料。発売サントリー)ってのがデビューするっていうから、ますます炭酸飲料は勢いづきそうだ。そんなに炭酸飲料を飲みたかったらサイダーやラムネを飲め。これこそ輝ける昭和炭酸飲料のエースだろうよ。しかし悲しいことに、両者ともコカ・コーラ、ペプシ・コーラ、スプライト、ファンタ、ジンジャー・エール(カナダドライ)、カルピスソーダなどなどの新興勢力に押されて、特に昭和40年代には、少数派炭酸飲料へと転落した。それでもラムネは、あの独特なビンとビー玉プッシュのスタイルで重要文化財のような扱いを受けレトロブームにものって人気は続いた。ところが、いつの頃からかペットボトルのラムネが登場。
 2012年4月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「アートコーポレーション」が内心ホッとした出来事 | トップページ | 公安警察の狙い撃ち逮捕か――別件逮捕されていた、「反原発」若手著名活動家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54395465

この記事へのトラックバック一覧です: 『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』第37回「酒も飲まずに炭酸飲料なんて耐えられん」:

« 「アートコーポレーション」が内心ホッとした出来事 | トップページ | 公安警察の狙い撃ち逮捕か――別件逮捕されていた、「反原発」若手著名活動家 »