« <ミニ情報>「永本壹柱」の代理人を降りていたヤメ検 | トップページ | 「小沢一郎有罪」に躍起になる「最高裁事務総局」の官製談合疑惑(7社の実名をスッパ抜く) »

2012.03.16

<書籍紹介>『関西電力 反原発町長 暗殺指令』(齊藤真。宝島社)

 関西電力の「大飯原発」(福井県おおい町)3・4号機の再稼働につき、政府は月内にも判断を出す。もし、再稼働となれば、昨年3月11日に発生した東日本大震災後、初のケースとなる。大飯原発のある若狭湾は“原発銀座”と呼ばれ、11基もの原発が並ぶ。本書で、関電側から「暗殺指令」が出されたというのは、大飯原発のすぐ隣、「高浜原発」がある高浜町の今井理一町長(当時)。2000年ごろのことで、当時、高浜原発では反原発活動家などの原発内への不法侵入を阻止すべく警備犬が飼われていたが、その警備犬が突如暴れ、町長の喉を噛み切ったという事故死を装う計画だったというのだ。いくら何でも、そんなことを関電が計画するかと読者は思われるだろう。仮に、いまやり玉に挙がっている東電が、原発建設地区の町長が反原発だからといって殺人を計画するか? 結論をいえば、それはYESなのだ。国策の原発推進を阻止する者は、国家の敵であり、犯人がわかれなければ、消えてもらった方が好都合。確かに、動いたのは地元の常軌を逸した幹部クラスながら、その“暴走”を知りつつも、それを止めなかったとしたら、そこの電力会社首脳も共犯だろう。
 2012年3月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <ミニ情報>「永本壹柱」の代理人を降りていたヤメ検 | トップページ | 「小沢一郎有罪」に躍起になる「最高裁事務総局」の官製談合疑惑(7社の実名をスッパ抜く) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54238339

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『関西電力 反原発町長 暗殺指令』(齊藤真。宝島社):

» [日々の哲学]関西電力「反原発町長」暗殺指令 [OLDIES 三丁目のブログ]
  関西電力「反原発町長」暗殺指令 作者: 斉藤真 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2011/12/17 メディア: 単行本 クリック: 10回 この商品を含むブログ (3件) を見る    社会は単純に動いてはいない。  社会の裏側では普通の社会で普通に暮らしている人間には想像もつか... [続きを読む]

受信: 2012.03.31 08:18

« <ミニ情報>「永本壹柱」の代理人を降りていたヤメ検 | トップページ | 「小沢一郎有罪」に躍起になる「最高裁事務総局」の官製談合疑惑(7社の実名をスッパ抜く) »