« 「卒業までに朝鮮学校の無償化実現を」と、東京・渋谷で即時適用を求める緊急集会 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第176回 霊的直感の強い筆者が告ぐーーオセロ中島よ、“この世に霊能者などいない!”」 »

2012.03.02

AIJ投資顧問の企業年金問題ーーほとんど触れられない、「地方メディア企業年金」も50億円消失の事実

  2月28日、「AIJ投資顧問」側が政府関係者に提出した資料から、同社に委託していた取引先の全容が明らかに。それによれば、49億5000万円で、残高上位11位に「民間放送」なる団体が入っていることがわかる。この間、マスコミではほとんど取り上げられていないが、この団体の正式名称は「民間放送厚生年金基金」(東京都千代田区)。地方の民間テレビ・ラジオ局など135社が加盟している。関係者によれば、民放厚生年金基金の運用資産は約720億円。委託割合は約7%とはいえ、その50億円近い資産がほぼ丸々戻って来ないのだからこれは痛い。と同時に、一般企業より情報収集力があるというか、この手の金融事件報道を手掛けるプロ(?)も騙されたとあっては面目ないだろう。しかも、これら地方民放各社の多くは、日テレやフジTVなど在京キー局系列で、在京キー局は、各大手新聞と密接な関係にある。当然、触れられたくないことだから、それを慮って新聞はあえて報じないということか? だが、ほとんど報じられない背景はそれだけではないようだ。関係者は、こう証言する。「いま、民放連はこの件でバタバタしているよ。批判の声も上がっているようだしね」。民放連は正式名称「日本民間放送連盟」。現会長は元テレ朝代表取締役会長・広瀬道貞氏で、他の在京キー局元トップが軒並み副会長に名を連ねる。そして、民放厚生年金基金加盟社も民放連に所属しているが、理由はそれだけではないようだ。
 2012年3月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「卒業までに朝鮮学校の無償化実現を」と、東京・渋谷で即時適用を求める緊急集会 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第176回 霊的直感の強い筆者が告ぐーーオセロ中島よ、“この世に霊能者などいない!”」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/54124719

この記事へのトラックバック一覧です: AIJ投資顧問の企業年金問題ーーほとんど触れられない、「地方メディア企業年金」も50億円消失の事実:

« 「卒業までに朝鮮学校の無償化実現を」と、東京・渋谷で即時適用を求める緊急集会 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第176回 霊的直感の強い筆者が告ぐーーオセロ中島よ、“この世に霊能者などいない!”」 »