« <お知らせ>講演会「スピリチュアリティの研究~21世紀の人間学を目指して」(2月16日。於:衆議院第一議員会館) | トップページ | 「オリンパス」事件で注目される「アクシーズ証券」が東洋経済ビルに入居できた理由 »

2012.02.01

子会社「ほっかほっか亭」に賠償命令ーー「ハークスレイ」の強引な商法に戒めの判決!?

「ほっかほっか亭」のブランド名でお馴染みの持ち帰り弁当FCを展開する「ほっかほっか亭総本部」(東京都港区)に対し、東京地裁は1月30日、約5億円の支払いを命じた。同社は九州地区などでFC展開していた「プレナス」(福岡市)に対し、FC契約の更新を拒絶。そのため、新ブランド「ほっともっと」への移行を余儀なくされたとして、プレナスはその新ブランド展開のためにかかったとする約20億円の損害を求めて提訴していた。判決は「契約更新を拒絶できるやむを得ない事情があったとはいえない」として「ほっかほっか亭総本部」に責任があるとして、プレナスの請求の一部を認めた。「ほっかほっか亭総本部」は現在、東証1部に上場している「ハークスレイ」(大阪市北区。青木達也代表)の子会社。しかも、ただの子会社ではない。「ハークスレイ」の前社名は「ほっかほっか亭大阪事業本部」で、そもそも関西地区でほっかほっか亭をFC展開していた。ハークスレイの青木代表自身、もともとそこの代表でほっかほっか亭事業が起源。そして、いま現在もハークスレイの売上の約半分はほっかほっか亭だし、青木氏は子会社「ほっかほっか亭総本部」の代表も兼務している。そんなことから、ハークスレイは1月31日、IRを出し、「今回の判決は到底納得できるものではなく、速やかに控訴する」旨、表明している。
 2012年2月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <お知らせ>講演会「スピリチュアリティの研究~21世紀の人間学を目指して」(2月16日。於:衆議院第一議員会館) | トップページ | 「オリンパス」事件で注目される「アクシーズ証券」が東洋経済ビルに入居できた理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53874089

この記事へのトラックバック一覧です: 子会社「ほっかほっか亭」に賠償命令ーー「ハークスレイ」の強引な商法に戒めの判決!?:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/02/01 09:07) [ケノーベル エージェント]
大阪市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012.02.01 09:07

« <お知らせ>講演会「スピリチュアリティの研究~21世紀の人間学を目指して」(2月16日。於:衆議院第一議員会館) | トップページ | 「オリンパス」事件で注目される「アクシーズ証券」が東洋経済ビルに入居できた理由 »