« 「暴力団と繋がりのある」芸能人報道――上原多香子VS「週刊文春」名誉毀損訴訟の最新状況 | トップページ | 巧みなその手法ーー「AKB48」のマスコミ対策責任者は秋元康の弟 »

2012.02.08

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第34回)「1968年映画祭での意外な収穫」

 先日「1968年映画祭」とかいうのをやっていて、よくある定番のノスタルジーものかと思ったら、企画したのが日大芸術学部の現役の女子学生たちなんだって。全共闘なんて昔話でも知らないような学生が、どんな風にやってるのか面白そうなので、行ってみました。その日は、『死者よ来たりて我が退路を断て』という、知られざるドキュメンタリー。何と、68年暮れから69年1月の日大芸闘委(日大全共闘芸術学部闘争委員会)の面々を撮った記録映画。この映画祭でも上映された、『日大闘争』(全共闘・映画班製作)や、京大を舞台の『パルチザン前史』(土本典昭監督)などは、何度も観たけど、これは初めて。あの芸闘委の闘いのドキュメントを、43年後の現役学生はどんな風に観るのだろうか。会場は、若い人は少なく、昔の闘士らしき初老のおっさんが大勢いて、この雰囲気、旧作の日本映画を上映する映画館(文芸坐、神保町シアター、阿佐ヶ谷ラピュタとかね)の客層に重なるとこ多し。今どきの学生は就活に追われて、68年どころじゃないってか。面白かったのは、よくある闘争記録映画というよりは、バリケードの中の日常を主軸に撮っていることだ。集会のアジテーションではなく、とりとめもない軟派な会話や、くだらないジョーク、即席ラーメンをすすったり、正月だからってモチつきをしたり、普通のにいちゃん、ねえちゃんたちが、それこそ機動隊や右翼体育会との激突の修羅場を通して「闘士」になった感じがよく分かる。さらに、芸術学部のある江古田の町でデモをするシーンなど、狭い商店街なのに、なんか買い物客やお店の人々が近くにいて、日常生活と地続きなところがなんだか面白い。
 2012年2月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「暴力団と繋がりのある」芸能人報道――上原多香子VS「週刊文春」名誉毀損訴訟の最新状況 | トップページ | 巧みなその手法ーー「AKB48」のマスコミ対策責任者は秋元康の弟 »

コメント

シューズ レディース http://www.ninkishop.co
シューズ メンズ http://www.ninkishop.co/6-men-shoes
レディース 靴 http://www.ninkishop.co/7-women-shoes
パンプス http://www.ninkishop.co/17--
靴 紳士 http://www.ninkishop.co/16--
ウェッジソール http://www.ninkishop.co/20--
商品送料を無料にいたします
信用は第一 、スタイルが多い、品質がよい、価格が低い、実物写真UGG ブーツ激安市場

投稿: パンプス | 2012.02.20 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53933034

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第34回)「1968年映画祭での意外な収穫」:

« 「暴力団と繋がりのある」芸能人報道――上原多香子VS「週刊文春」名誉毀損訴訟の最新状況 | トップページ | 巧みなその手法ーー「AKB48」のマスコミ対策責任者は秋元康の弟 »