« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第175回 日ハム斎藤、女性問題で、今シーズンも期待できず」 | トップページ | 東京地検に市議が告発ーー習志野市前市長の土地疑惑の原点は、不動産業者からの5000万円受領などの「念書」 »

2012.02.11

黙殺される初の疫学研究ーーインフルエンザ治療薬「タミフル」は服用無しより死亡率が最高13倍

  今年もすでにわが国ではインフルエンザが流行しており、製薬各社はこの治療薬を過去最大となる3000万名分揃えるとしている。その治療薬のなかで、1240万名分と半数近くを占めるのが、わが国では中外製薬が供給している、フランスの大手製薬会社「ロッシュ」が製造・販売する「タミフル」だ。中外製薬は東証1部の大手製薬会社だが、02年、ロッシュ傘下になっている。そのタミフル、本紙でも既報のように、致死性の高い新型インフルエンザ発生が世の関心を呼んだ05年以降、何度か、その効能への疑問(“発症”ではなく、“感染”してから48時間内でないと効かない。また、せいぜい1日治りを早くする程度とも)、また突然死や精神異常の副作用が指摘されていた。ところが、近年はそうしたマイナス報道はまったくというほどなくなり、前述のように、未だわが国で世界の消費量の7割以上を占めているとみられる。では近年、改良され、効果が高まったり、副作用が低減されたとでもいうのだろうか。結論をいえば、そんなことはない。それどころか、昨年末にはタミフル服用による死亡率が、薬を服用しないケースより6~13倍も高いとする初の疫学研究が出、厚労省に対しタミフルの使用禁止を求めた。さらに今年1月には国際研究グループが「合併症や入院を防ぐというデータは見つからない」、「副作用が過小報告されている可能性がある」とも発表している。だが、その事実があまり知られていないのは、わが国厚労省、政府の大量使用推奨と矛盾することから、慮ってか、大手マスコミのごく一部しか報じないし、例え報じても概して小さな扱いになっているためだ。
2012年2月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第175回 日ハム斎藤、女性問題で、今シーズンも期待できず」 | トップページ | 東京地検に市議が告発ーー習志野市前市長の土地疑惑の原点は、不動産業者からの5000万円受領などの「念書」 »

コメント

シューズ レディース http://www.ninkishop.co
シューズ メンズ http://www.ninkishop.co/6-men-shoes
レディース 靴 http://www.ninkishop.co/7-women-shoes
パンプス http://www.ninkishop.co/17--
靴 紳士 http://www.ninkishop.co/16--
ウェッジソール http://www.ninkishop.co/20--
商品送料を無料にいたします
信用は第一 、スタイルが多い、品質がよい、価格が低い、実物写真UGG ブーツ激安市場

投稿: シューズ メンズ | 2012.02.20 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53959532

この記事へのトラックバック一覧です: 黙殺される初の疫学研究ーーインフルエンザ治療薬「タミフル」は服用無しより死亡率が最高13倍:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第175回 日ハム斎藤、女性問題で、今シーズンも期待できず」 | トップページ | 東京地検に市議が告発ーー習志野市前市長の土地疑惑の原点は、不動産業者からの5000万円受領などの「念書」 »