« 「ビーワイルド」若杉プロジューサーの自宅はとっくに競売に | トップページ | 『夕刊フジ』も報道ーー重大疑惑「大物税理士」が税務指南のパチンコチェーン、6グループの社名 »

2012.01.30

<主張>あの「時事評論家」増田俊男被告に有罪判決

東京地裁で1月27日に判決があり、自称「時事評論家」の増田俊男被告(73)に対し、懲役1年6月、執行猶予3年、罰金300万円(求刑は懲役1年6月、罰金300万円)の有罪を言い渡した。カナダのIT企業の未公開株の売買を無登録で仲介したとして、金融商品取引法違反(無登録営業)に問われた投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区。事件後、解散)の実質的経営者が増田被告だったことによる。執行猶予になったのは、運良くそのIT企業が遅ればせながらも上場したこと、また、「今後、投資に関与するつもりはない」と情状酌量を訴えたことが功を奏したようだ。しかしながら、増田氏が問われて来た行為はこの件だけではない。パラオに設立した銀行へ預金を募る(年利10%以上)など約200億円以上集め、そのかなりを焦げ付かせている。ところが、投資家の自己責任ということで刑事罰を免れた。とはいえ、一部民事訴訟では敗訴してもいるのだ。そもそも、自称でも何だろうと、「時事評論家」を名乗る者が一方で、金集めをするのはマズイだろう。節度がある者なら、そんなマネはすまい。だから、以前から「詐欺師!」との批判の声も出ていた。
2012年1月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「ビーワイルド」若杉プロジューサーの自宅はとっくに競売に | トップページ | 『夕刊フジ』も報道ーー重大疑惑「大物税理士」が税務指南のパチンコチェーン、6グループの社名 »

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53857825

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>あの「時事評論家」増田俊男被告に有罪判決:

« 「ビーワイルド」若杉プロジューサーの自宅はとっくに競売に | トップページ | 『夕刊フジ』も報道ーー重大疑惑「大物税理士」が税務指南のパチンコチェーン、6グループの社名 »