« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第173回 スクープ!! ダルビッシュ有&古閑美保結婚へ」 | トップページ | 本紙と訴訟の重大疑惑「大物税理士」が、記者会見をキャンセル »

2012.01.20

「バンダイ」御曹司が、おもちゃ財団基本財産を流用していた決定的証拠

 昨年11月、カジノでの負けに会社資金を流用していたとして逮捕された「大王製紙」前会長・井川意高被告にも劣らない、問題の上場企業創業者御曹司として、『週刊朝日』が玩具大手「バンダイ」元社長(バンダイは現在、ナムコと合併し、玩具トップ、東証2部の「バンダイナムコホールディングス」に)の山科誠氏の疑惑を取り上げた。本紙は、その山科氏の、高級旅館を担保に、銀行から不正に融資を引き出した別の新たな疑惑を2度に渡り追加報道した。今回は、週朝が報じた、山科氏が理事長を務める(財)「日本おもちゃ図書館財団」(以下、おもちゃ財団。東京都中央区)に関する疑惑の決定的な証拠を提示する。週朝が報じたこの疑惑とは、山科氏が理事長の地位を利用し、この財団の基本財産を流用しているというもの。この財団、障害のある子どもに遊び場を提供し、おもちゃの無料貸し出しを行うボランティア活動を行っている。父・直治氏(故人)が私財を投じて設立した財団で、いまも森喜朗元首相などが理事に名を連ねる。その公的使命のため、いくら父親が設立し、自分が理事長だからといって、その基本財産を理事長の一存で流用していいものではない。
2012年1月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第173回 スクープ!! ダルビッシュ有&古閑美保結婚へ」 | トップページ | 本紙と訴訟の重大疑惑「大物税理士」が、記者会見をキャンセル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53782174

この記事へのトラックバック一覧です: 「バンダイ」御曹司が、おもちゃ財団基本財産を流用していた決定的証拠:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第173回 スクープ!! ダルビッシュ有&古閑美保結婚へ」 | トップページ | 本紙と訴訟の重大疑惑「大物税理士」が、記者会見をキャンセル »