« <主張>特許庁、システム開発中断で55億円水の泡。東芝と疑惑政治家にメスを | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第33回)「ベイスターズはホエールズの原点に戻れ」 »

2012.01.26

鹿野農相・筒井副相攻撃“怪文書”発行人として囁かれる意外な大物の名前

 本紙でも紹介したこの“怪文書”、かなり正確な内容だったことから、事件化についてはまったく不明(というか、被害届けは出てない模様)ながら、複数の大手マスコミに取り上げられ、それなりのインパクトを投げかけている。こうしたなか、犯人捜しも始まっている。その詳細な内容などから、関係者でなければ書けないこと、鹿野道彦農相らと利害が対立関係にある者と推察されるということで、政治家主導を快く思わない足元の農水省関係者との見方が根強い。だが、その一方で、実に意外とも思われる人物の名前も囁かれている。
 2012年1月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <主張>特許庁、システム開発中断で55億円水の泡。東芝と疑惑政治家にメスを | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第33回)「ベイスターズはホエールズの原点に戻れ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53829445

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿野農相・筒井副相攻撃“怪文書”発行人として囁かれる意外な大物の名前:

« <主張>特許庁、システム開発中断で55億円水の泡。東芝と疑惑政治家にメスを | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第33回)「ベイスターズはホエールズの原点に戻れ」 »