« 農水省が発信!? 鹿野農相、筒井副相疑惑対中ビジネスの“怪文書”を公開 | トップページ | 鹿野農相・筒井副相攻撃“怪文書”発行人として囁かれる意外な大物の名前 »

2012.01.25

<主張>特許庁、システム開発中断で55億円水の泡。東芝と疑惑政治家にメスを

 特許庁は昨1月24日、東芝の子会社「東芝ソリューション」が手掛けていた同庁のコンピュータ統合を中断することを決めたと発表した。これまでに55億円を投じているという。この件は東芝ソリューションが06年に落札。しかし、10年3月、同社に入札に関する情報が漏洩していたことが明らかに。それどころか、特許庁のシステムは「NTT」と「日立」が熟知しており、有力と見られていたのに、技術的に劣る東芝ソリューションが受注して、当時から事情通の間ではなぜ? と疑問の声が上がっていた。また、東京地検特捜部は内偵していたが、例の村木事件などもあり捜査がトーン・ダウン。いつしか、捜査しているとの情報は立ち消えになった。
その一方で、当初、基本設計は速やかに完成させ、08年春には実施設計の入札(といっても、現実には基本設計した東芝以外は落札不可能といわれていた)の予定が、作業が進まず、10年4月段階でスケジュールが3年も遅れ、関係者の間から「能力不足のため」と指摘され、すでにこの段階で先行きが不安視されていた。政治力で能力のない業者が落札。税金の無駄遣いが本当だとしたら、いくらなんでもこんなふざけた話はないだろう。
2012年1月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 農水省が発信!? 鹿野農相、筒井副相疑惑対中ビジネスの“怪文書”を公開 | トップページ | 鹿野農相・筒井副相攻撃“怪文書”発行人として囁かれる意外な大物の名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53819110

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>特許庁、システム開発中断で55億円水の泡。東芝と疑惑政治家にメスを:

« 農水省が発信!? 鹿野農相、筒井副相疑惑対中ビジネスの“怪文書”を公開 | トップページ | 鹿野農相・筒井副相攻撃“怪文書”発行人として囁かれる意外な大物の名前 »