« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »

2011.02.12

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第131回 水嶋&絢香移籍で、研音VSエイベックスの“血の抗争”勃発か」

 素人作家を急増させた水嶋ヒロと絢香がエイベックスに移籍へ!と東スポが報じた。内情に詳しい音楽プロモーターは、「水嶋の小説はたまたま売れただけで小説で食べていけるほどの力量はない。夫婦で個人事務所を設立しましたが、水嶋は『研音』をクビ同然で辞めてるから、俳優としての活動は難しい。そこで夫婦揃って、エイベックスの別々の部門への移籍の話が水面下で進んでいますよ。2人にとっては最良の選択だと思いますよ」と語る。水嶋は2009年2月に同じ研音所属の絢香と入籍。昨年9月に水嶋は同社を退社した。事務所サイドが「執筆活動に専念する」と発表したことで芸能界引退と報じられたが、水嶋はフジテレビの「とくダネ!」を通じて、俳優引退を否定した。「事務所は“ドル箱”だった絢香と結婚したことに激怒。大手の研音をクビということは下手をすれば芸能界追放ですよ」(大手プロ幹部)。その後、水嶋は処女小説『KAGEROU』で第五回ポプラ社小説大賞を受賞。昨年12月に発売された本はミリオンセラーになって脚光を浴びた。しかし、作品を酷評する報道も多い。「男性誌」では『八百長美談』と報じられて、女性誌では辞退した賞金を元にポプラ社が奄美大島に500万円相当の本を寄付したことを『住民はありがた迷惑だと困惑している』と報じた。
2011年2月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第13回 大相撲八百長問題と三浦事件(続き)

 相変わらず冬眠のさなかにある。ひっそりと閑かな独りの日々だ。往ったことはないがまるで冥界の如くである。寂寥を掻き抱いた「日々是好日」と言ってもいい。半世紀ほど前までこの地方ではこの時節「農民美術」という農閑期の手仕事があった。大正デモクラシーの人、山本鼎が窮乏する百姓の生計安定のために伝導した。範はトルストイの「農民学校」に倣った。それが廃れたのは高度成長という時代の荒波が「出稼ぎ労働者」を都会に誘引したからである。信州に都落ちしたばかりの頃、愚生も村の公民館で木彫のレリーフを教わった。蕎麦打ちにも挑戦した。ところが不器用なのは脳髄だけではないと知って即座に諦めた。都合よく百姓にはなれない。よくある「夢の田舎暮らし」「人生の楽園」の蹉跌である。立春前後の数日、太平洋の高気圧が張り出して久々に寒気が緩んだ。アジア・モンスーンの国土気象にはやはり陰暦が似つかわしい。一年は二十四節気でメリハリを保ちたい。調べたわけではないが、今年は一月睦月が閏月だったのではないだろうか。前回の「三浦事件」のつづきを書く前に、このところ世情喧しい「大相撲八百長問題」について思い出したことを記す。昔は相撲を「国技」などとは呼ばなかった。国技は「柔道」と「剣道」しかないことはたれでも知っている。あれは法律で禁止されていなかったので日本相撲協会が勝手に言いだしたにすぎない。もともと相撲は古い歴史のある「神事」である。形式美を尊ぶ伝統芸能である。いまでも地方巡業の勧進元は大半その筋絡みである。興行だから仕方がない。昔は八百長などというヤボな言い方はしなかった。かっては「人情相撲」と言った。団塊世代には記憶にある大鵬と長期休場開けだった柏戸の全勝対決での「人情相撲」は語りぐさとして残っている。柏戸の「奇跡的復活」というカタルシスに観客は酔った。予定調和の「美談」だった。負けた大鵬は「さすが大横綱」と逆にリスペクトされたのである。そのうち時代が経って「ガチンコ原理主義者」の存在感が増してきた。「阿佐ヶ谷勢」の台頭がニューウェーブだった。かって騒がれた「若貴兄弟喧嘩」は清濁に関する伝統派と改革派の争いだったと愚老は勝手に思量している。人情相撲は原則「星の貸し借り」である。つまり相互扶助の精神である。対するガチンコは強食弱肉の市場原理主義である。協会は仕方なく「無気力相撲」と呼びならして問題化、表面化をうやむやにして頬被りを決め込んだ。多分、負け方もミエミエでヘタクソになったのだろう。そして角界の人情と美談の時代は実質的に終わったのだ。伝統がフェアネスに駆逐されたのだ。何という浅はかさだろうか、と老人は嘆く。
2011年2月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第130回 エリカに翻弄された芸能マスコミ、高城氏、エイベックスらのアホバカ騒動」

 本連載でも以前、取り上げたことがある、エイベックスも巻き込んでの、沢尻エリカ(24)と高城剛氏(46)の離婚騒動ーー1月にエリカはスペインから帰国、1月23日、CMに出ている、たかの友梨の「第20回シンデレラ大会」にエリカはプレゼンテーターとして登場、その後、会見を行ったが、その席でエリカは「(夫とは)離婚で合意しました」と発言したものだから、芸能マスコミはひっくり返った。そりゃそうだろう。「この間、ワイドショーで映し出されたスペインのアパートは高城氏とエリカの共有名義で、昨年の10月からそこで2人は暮らし、日本に帰国するその日まで一緒だったんですよ。それが、まさか離婚で合意などという言葉を聞こうとは想像もしていなかったですから」(会見に出た芸能記者)。これが15、6歳の乙女ならわかるが・・・すれっからし、いや、体はすれっからしでも頭(知能)はまだ乙女か?冗談は抜きにして、この「離婚に合意」の発言を日本のマスコミから知らされ、一番驚いたのは、しかし、スペイン在住の夫・高城氏だっただろう。各スポーツ紙や週刊誌で高城氏は、「離婚合意と勝手に発表されて、正直驚いています。今日の話は、また(昨年の離婚宣言以来の)寝耳に水です。話がコロコロ変わるので、もう面倒見切れません。テレビのワイドショーで放送されたということなので、ご存知と思いますが、つい先日まで一緒に暮らしていたんですからね」と、複雑な心境を明かしている。それにしても面白い女である。母親のリラさんも、マスコミの自宅取材に対し、「別れても好きな人」をインターフォン越しに歌い出したこともあったが、やはりたいしたタマである。この会見の数日前、リラママは自宅前に張り込む記者やカメラマンに1人一個ドラ焼きをプレゼントしているし、エリカ自身も会見2日前に、ママを見習ったように手作りチョコレートを自宅前のマスコミにプレゼントしてご機嫌をとっている。
2011年2月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.02.10

新手の地上げ手口もーー「武富士」、問題の“京都3物件”入札は不成立に

「武富士」の“京都3物件”(京都駅前、高島屋隣接地、北白河)といえば、バブル時代からすでに20年近くも塩漬け。この間、この土地を舞台に多くのトラブルが発生し、血も流れた。近く土地がまとまるという話も何度も出たが、その度に不発。わが国を代表するいわくつき物件といってもいいだろう。ところが、武富士が会社更生法を申請したことで、債務整理の一環としてこの京都3物件も売却対象になり、いよいよこの塩漬け地が動き出すとの情報が今年に入って土地ブロカーなどの間で噂になっていた。結論をいえば、根拠のない話ではなく、正確にはこの京都3物件そのものではなく、同物件を所有する「ティデーエス」(京都市左京区)なる会社の株式が、武富士の管財人により入札に出されていたのだ。というのも、ティデーエスは武富士の100%子会社だからだ。
2011年2月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小切手が物語る、「岡本倶楽部」と暴力団との接点

 2月7日、ついに事件化した、静岡県熱海市の「岡本ホテル」などを格安で利用できるとして会員制「岡本倶楽部」の預託金名目で200億円超を集めた大型詐欺事件ーー本紙は翌日、逮捕された大東正博元オーナーらの背後に弘道会を始めとする複数の暴力団が関わり、一部資金が流れていた可能性があるとして、その接点について具体的な事実を複数挙げた。冒頭に掲げた「毎日」(2月8日夕刊)記事にも、「捜査本部は(預託金の)一部が暴力団の資金源になっていたとみている」と記されている。実はその後、これまでに入手していた資料を精査して見たところ、ある「小切手」の存在に気づいたので、以下、紹介しておく。
 2011年2月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注目の東卸理事長選ーー再投票も同数で決まらず(築地移転強行の背後に見え隠れする石原ゼネコン利権疑惑)

 報告が遅くなったが、東京都が強行に進める豊洲への築地市場移転に弾みが付きかけないということで、注目の「東京魚市場卸協同組合」(東卸)の理事長選は、本紙でも既報のように、2月7日に再投票が行われた。だが、またしても移転賛成派の伊藤淳一副理事長と、反対派の山崎治雄理事が共に15票で、決まらなかった。2月15日に再々投票するという。ところで、なぜ、東京都は築地市場移転を強行しようとするのか? ここに来て、石原慎太郎東京都知事の4選出馬説が出る(4月10日投開票)なか、その石原氏と某ゼネコンとの癒着疑惑が、築地市場の跡地再開発でもあるのではとの見方が、早くも選挙を見据えての情報戦の一環か、出て来たので、以下、報告しておく。
 2011年2月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.08

どこまで迫れるかーー「岡本倶楽部」の背後に弘道会!?

 本紙予告通り、ついに「岡本倶楽部」を巡る件が事件化した。警視庁、静岡県警、兵庫県警などの合同捜査本部は2月7日夜、大東正博元オーナーらを組織的詐欺容疑で逮捕した。全国紙記事でも報じられているように、捜査本部は、全国約8000名から集めた200億円超の預託金の一部が暴力団に流れた可能性が高いとみて全容解明を進めるという。本紙はこの岡本倶楽部の件、いち早く詳細を報じており、そのなかで暴力団も関わると思われる具体的な事例についても報じている。警察当局は現在、暴力団のなかでも、わが国最大組織・山口組内で最大の勢力を誇る弘道会壊滅に向け最も力を入れているが、岡本倶楽部と弘道会は接点があり、本紙はその件も報じている。
 2011年2月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<主張>改めていうーー何が何でも小沢一郎潰しで、米国追随、官僚政治を死守しようとする検察・大手マスコミの茶番

 昨日、小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の政治資金報告書に虚偽記載があったとして起訴されている石川知裕元秘書(現・代議士)らの初公判があり、全国紙は1面で「無罪主張」などと大きく報じている。その1週間前には、小沢氏が強制起訴され、全国紙は1面どころか、号外まで出した。こうして見ると、小沢氏や元秘書の石川氏らは“大悪党”といいたいのだろう。だが、冷静に考えれば、石川氏らが問われているのは「表」の献金の記載漏れに過ぎない。そして検察は小沢氏を起訴にさえできず、検察審査会による2度の「起訴相当」決定により自動的に強制起訴されたに過ぎない。検察は、小沢氏が提供した4億円は未記載で、そのなかにはゼネコンからの裏献金分が含まれているといいたいようだ。だが、これは村木事件で一躍知られるようになった検察お得意の“見込み捜査”という奴で、裏はまったく取れていない。だから検察は小沢氏を起訴できず、石川氏らの容疑も政治資金規正法違反に過ぎず、贈収賄容疑ではないのだ。それどころか、石川氏らはそもそも検察が主張する小沢氏からの4億円は「記載した」として起訴内容を全面的に争うという。土地購入の記載を翌年にずらしたのは、「登記後に記載すればいいと判断したから」で、関連政治団体との資金移動は「身内間のやり繰りで記載の必要はない」と主張した。実はこうした主張に関しては、本紙ではとっくに報じている。4億円の記載については昨年1月11日、「小沢一郎政治資金規正法違反疑惑に驚愕の新事実ーーキチンと記載されていた!? 小沢氏個人からの4億円借入」というタイトル記事。さらに1月18日、「<主張>検察の暴走!? 本紙がいまも、小沢氏個人からの4億円はキチンと『記載』されていると考える理由」でさらにフォローしている。他の2点に関しては昨年10月11日の「<主張>小沢一郎疑惑に見える、制度疲労を起こしている特捜部の捜査」において。後者の記事で記したように、今回の疑惑、検察は簿記の知識がないまま、誤った認識の元に、架空のストーリーを描き、それは大手マスコミにリークされ、裏金資金投入がさも既成事実のように世間に流布したようなのだ。誤解のないように断っておくが、本紙は小沢氏の不動産疑惑については率先して書き続けていたし、小沢氏がゼネコンから裏献金を受けていないなどとは思っていない。だが、起訴するだけの証拠がなければシロなのが法治国家だろう。しかも、もっと疑問なのは、なぜいま、そんな代物の疑惑をここまで強引に手がけ、そして大手マスコミは村木事件ではあれだけ検察批判しながら、小沢氏については一緒になってバッシングするのか。答えは一つしかない。この疑惑が出なければ小沢氏が民主党代表に返り咲いていた可能性が高く、それを阻止したかったからだ。なぜなら、民主党は官僚打破を叫んでおり、検察も捜査の可視化などやられたら都合が悪い。もっと露骨にいえば、自民党政権に戻したいのだ。そして、そのお先棒を担いでいるのが、これまた、記者クラブ制度などの既得権に胡坐をかいている大手マスコミなのだ。
2011年2月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011.02.07

<ミニ情報>岡本倶楽部の疑惑、今度こそXデーか

 本紙がいち早く詳細を報じて来た、「岡本倶楽部」に入会すれば、系列ホテルを格安で利用できるとして高額の預託金を集めていた件だが、いよいよ明日にもXデーとの情報が出ている。ただし、岡本倶楽部を巡っては、これまでにも何度も同様の情報が飛び交い、結果、空振りとなっており、今回も同様の可能性が低くはない。岡本倶楽部を巡っては、すでに昨年5月、警視庁を始めとする合同捜査本部により、出資法違反容疑で強制捜査が行われている。上場廃止になった「トランスデジタル」の増資資金が消費されたり、暴力団側に資金が流れている可能性もあり、その行方が注目されている。
2011年2月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋下徹府知事懲戒弁護士への脅迫犯逮捕・起訴でも残る疑問

 本紙でも既報の、橋下徹大阪府知事(41)に対する大阪弁護士会の業務停止2カ月の処分は軽過ぎるとして、日弁連に異議申立をしていた橋下知事元所属弁護士事務所代表の樺島正法弁護士(68)に対する電話による脅迫事件は、大手マスコミ既報のように、1月13日、大阪府警天満署が逮捕、そして大阪地検は1月28日に起訴している。犯人は東京都杉並区在住の派遣社員・河出公輝(34)だった。河出被告は橋下知事のファンで、樺島弁護士が橋下知事を批判する週刊誌記事を見て憤りを覚え、犯行に及んだと供述。計4回の犯行をすべて認め、謝罪の言葉も口にしているとされる。こうして見ると、不良橋下ファンの単純な事件で、もはや一件落着と思える。だが、この事件、実に不可解なことがあり、重大な疑問が残るのだ。
2011年2月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.06

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第129回 いよいよ始まった、当局による『関東連合』壊滅へ向けての摘発」

 本題の前に、海老蔵事件のその後について。歌舞伎界の若手大スター・海老蔵の暴行事件は紆余曲折あったものの、結局、あれだけ海老蔵を暴行した側は告訴するといいながら、昨年暮れ、海老蔵に対して手厳しい週刊誌の正月休みを狙ってのように、“示談”で幕を閉じた。ところが、同じその日に暴行犯・伊藤リオンは起訴されてしまった。これに仰天したのが、「当然、罰金刑で釈放される」と計算していた伊藤リオン本人と弁護士。2人とも怒り狂っているとマスコミ人の1人が教えてくれた。しかも、保釈申請は即座に却下され、年が明けて早々の(異議)抗告も即座に却下。リオンは妻と双子の娘と引き離され、正月の雑煮を寒い(寒いらしい)拘置所で味わうどころか、いま現在も拘置所だ。リオン弁護を引き受け、示談交渉に全力を注ぎ実現した平林英昭弁護士もこれには怒りが収まらないようだ。示談を終えているのにリオンが起訴された以上、2月から始まる(司法記者。2月18日に決定。1回で結審の模様)法廷で、「海老蔵がリオンの兄貴分に暴力振るった。だから兄貴を庇うために暴力を振わざるを得なかった」と、あくまで過剰防衛だったということで行く方針のようだ。でなければ、リオンは少年時代、大田区の“東洋ボール人違い少年殺人”の前科があるだけに重い実刑になる可能性があるからだ。となると、法廷での暴走族元リーダーや伊藤リオンらの証言で、「海老蔵の暴行行為の再現」がされることもある得る。
2011年2月6日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「国際テロ捜査情報流出」に関する情報

 昨年10月末に発覚した、警視庁公安部の国際テロに関する捜査情報漏洩事件ーーインターネット上に流出した個人情報に関し、国内在住のイスラム教徒が、警視庁公安部から漏洩したとして地方公務員法(守秘義務)違反容疑で東京地検に告訴する(ただし容疑者名は不詳)など、警視庁犯人説がとっくに常識だ。だが、当局筋からそれとは異なる情報が漏れて来たので報告しておく。
2011年2月6日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »