« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »

2011.06.25

初の勝訴確定ーー良い医師ほど睨まれる「保険医取り消し制度」の欠陥(第1回)

  5月31日、東京高裁は、小児科医院「みぞべこどもクリニック」(山梨県甲府市)の溝部達子医師の保険医資格を国が取り消したのは違法との判決を言い渡した。一審に続く、溝部医師の勝訴だ。これまで一審で資格を取り消された医師が勝訴したケースは2件あったが、いずれも高裁では逆転敗訴していた。高裁では初の勝訴で、しかも国は上告せず、すでに溝部医師の勝訴は確定している。それにしても、保険医資格取り消しの医師と聞けば、読者はどんな悪徳医かと思われるのではないだろうか。保険医資格取り消しの対象になるのは、まったく架空の保険請求をしたり、必要もない診療や手術を自らの儲けのためにやったりするケースが該当するのだから無理もない。ところが、溝部医師の場合はまったく違った。患者のことを思って一生懸命やっている評判の医者だった。その証拠に、取り消し処分を受けて(05年11月)ほどなく、患者やその父母など実に2万7000名もの嘆願書が集まっている。また、高裁判決後、溝部医師、代理人弁護士と共に記者会見した患者代表の田中聡顕氏はこう述べている。「患者思いの良い先生には、患者が集まることが至極当然のことで、その先生が妬まれ、一部の見えない力に動かされ(保険医資格)取消では、溝部先生のご自身の人権も損なわれる!」。この怒りの籠もった発言こそが、いまの保険医取り消し制度に重大な欠陥があることを示唆している。だが、そのことは一般にはほとんど知られていないし、今回の初の保険医資格取り消し医師側勝訴確定は実に結構なことだが、国はこれを機に欠陥を直す姿勢は見られない。本紙は保険医資格取り消しになってほどなく溝部医師を取材し、取消処分の執行停止申立が認められた(06年2月昨年3月31日)、一審勝訴判決が出た(昨年3月31日)際など、折りに触れ報じて来た。そこで、勝訴確定を機に、わが国の保険医資格取り消し制度の欠陥につき、連載することにした。1回目の今回は、良い医師でも保険医資格取り消し処分を受ける背景には、(1)国の医療費削減策がある、(2)良い医師=医療費がかかる、そして(3)保険医資格取り消し要因の不正請求は、医師なら誰もが犯している事実を解説する。
 2011年6月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

「エイベックス」所属、ゴマキの突如、引退発表の舞台裏

 歌手の後藤真希(25)が来年1月から芸能活動を休止すると自身のHPで発表した6月22日(水)のことだった。そのまま、芸能界を引退するようだ。この件は22日当日、「東京スポーツ」がスクープ。そして翌23日(木)のスポーツ紙、夕刊紙はこのゴマキ引退の件を大きく取り上げた。もっとも、関係者によれば、彼女の引退は昨年冬、母親が転落死したことが大きな契機となっており、かなり前から決定事項だったという。逆にいえば、7月に新曲が出、秋にアルバムリリース、暮れにはライブが決定しているのだから、何もこの時期にわざわざ急いで発表する必要はなかった。そんなわけで、なぜ、いまの発表なのか、関係者の間で噂されており、芸能・音楽関係者の見方はほぼ一致している。ヒントは、彼女は「エイベックス」の所属であり、そして6月22日という具体的な日にちだ。
 2011年6月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県警川崎署の違法取り調べ疑惑ーー釈放に

 本紙が追及していた、神奈川県警川崎署における元妻(元夫が告訴)の違法取り調べ疑惑だが、23日の勾留期限一杯で釈放されたことがわかった。代理人弁護士によれば、「処分保留と言われた」という。処分保留は、犯罪の疑いが薄いと判断して起訴を見送る「嫌疑不十分」といった不起訴処分と違って起訴される可能性は残されているが、実務上、処分保留で釈放後に起訴されるケースは余りない。同弁護士は「実態は嫌疑不十分。起訴にはならない」と見る。そして、医師の指示もありながら警察が投与を許さなかったため、持病が悪化し、釈放=即、入院となり、元妻の体調がひじょうに心配だとも明かしてくれた。警察の違法取り調べ疑惑といえば、最近、「毎日」がスクープした埼玉県警の深谷市議の選挙違反事件を巡る取り調べもそうだ。この件も処分保留で釈放され、その後、「起訴猶予」となっている。
 2011年6月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<ミニ情報>上場廃止「セイクレスト」振り出し30億円約束手形裏書きの件で、農協組合長告訴される

 ジャスダック上場廃止になった不動産会社「セイクレスト」(大阪市)が昨年12月26日に振り出した額面30億円もの約束手形に、紀北川上農協(和歌山県橋本市)の組合長(当時)が公印を押して裏書きしていた件だが、同農協は6月22日に開いた組合員説明会で、その藤井静雄組合長を背任容疑で管轄の和歌山県警かつらぎ署に告訴したことを明らかにした。支払い期日は6月30日で、4月30日に藤井氏が回収し、農協には実害はなかった。しかし、本紙既報のように、藤井氏が私欲のために裏書きした可能性が高いし、回収するまでに約束手形そのものやコピーが複数のブローカーなどに出回り、さまざまな影響を与え、結果的に不利益を被った者もいる可能性はあるだろう。
 2011年6月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宗教法人「日本教団」と山口組との接点

  ますます当局による締め付けが厳しくなるなか、マネーロンダリングや節税のためか、暴力団による宗教法人買収が活発化しているようだ。そんななか、「日本教団」という北海道苫小牧市に総本山を置く宗教法人が注目を集めている。話は変わるが、警視庁が「全国青少年健全育成会」なる団体の動向に注目しているとの話を聞いたことがある。この団体が設立されて(00年9月)ほどないころのことだ。昨今の若者の犯罪増加などは、戦後教育の荒廃の結果と見て、剣道、柔道、空手、また書道、華道などわが国の伝統的な武術、文化を青少年に取得させ、それにより健全育成を図るのが目的だという。ところが、この会の代表発起人のなかにわが国最大の暴力団・山口組の直系組長の名前があったからだ。もっとも、その後、同会は04年になってNPO法人に。そして、現在5名が理事に名を連ねているのだが、そのうちの一人=松田女史は冒頭の日本教団の代表役員と同一人物なのだ。それだけではない。このNPO法人は08年9月に東京都港区高輪1丁目のマンションに転居しているが、それは何と日本教団の総本山東京寺務局の住所と同じ(前述の松田女史の住所も)ではないか。
 2011年6月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.23

<記事紹介>「エイベックス松浦社長 暴力団同席『株主を監禁・脅迫』で訴えられた!」(『週刊文春』6月30日号)

 本紙は6月20日、「あの疑惑のネタ元が、『エイベックス』松浦社長を提訴していた!」というタイトル記事を報じたが、本日発売の『週刊文春』も、その提訴の件を報じている。同記事で本紙が最も興味深いと思ったのは、この監禁・脅迫の件、民事だけでなく、警察の方でも捜査していることが、取材結果でハッキリ裏づけられていることだ。上場企業の社長が、暴力団組長ら(遠藤日出樹氏も)とである。前代未聞のことといっていいだろう。
 2011年6月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

上場廃止になった「セイクレスト」の筆頭債権者「シールド」、詐欺商法の決定的証拠

 本紙は、漁獲量が制限されるなか、クロマグロ養殖業が有望と謳って社債購入名目などで20億円ともいわれる多額資金の詐欺疑惑が出ている「シールド」なる企業につき、この間、追及して来た。このシールド、鹿児島の闇人脈が深く関わっており、今年5月20日を持ってジャスダック上場廃止になった不動産会社「セイクレスト」の筆頭債権者になっていたこともお伝えした。 このシールドのクロマグロ詐欺疑惑につき、本紙は決定的とも思える関係書類を入手したので以下、お伝えする。その前に、もう一つ重大な情報をお伝えしておく。このシールド、資金集めをしていた当時は鹿児島市中央町に本店登記されていたのだが、実は今年4月13日を持って東京都中央区日本橋蛎殻町に移転していた(千代田区麹町の支店も昨年8月末に廃止)。しかも、その移転を待たず、シールド代表で、一連の疑惑の中心人物である中村浩一郎氏は代表も役員も昨年11月に辞めていた。それだけではない。この中央区の新住所を訪ねて見たのだが、ビルのどの部屋にもシールドの表示を確認できなかったのだ。これらの動きは、もう目的を達成したので、店仕舞いし、代表の中村氏は逃げ出したということなのか?さて、本題の詐欺疑惑の決定的証拠とは、シールドが謳うクロマグロ養殖を行う会社の買収に関してのことだ(以下に転載)。
 2011年6月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第18回)「映画『マイ・バック・ページ』=1971年の思い出」

 観てきましたよ、『マイ・バック・ページ』。良いとこも不満なとこもいろいろあるけど、あの時代を知らない若い監督、脚本(30代)のセンスと感性は、団塊の世代ノリよりは新鮮ではあった。前回も書いたように、激動の年の割には、意外に見落とされている1971年、こちとら高校2~3年生で映画で描かれている「事件」については、何とも不可解というか、映画のなかの『週刊東都』のカバーガール(忽那汐里)が主人公に吐いたセリフを真似すれば、何とも「いやな感じ」がしたことが記憶に残っている。ちなみにこのカバーガールは実在のモデルがいて、川本の原作の中でも描かれているが、少女時代からモデル、タレントだった保倉幸恵。彼女は1970~71年の2年間『週刊朝日』のカバーガールに起用され、「今週の幸恵」という味わい深いミニコラムも書き、その後、1975年に鉄道自殺する。同じ1953年生まれ、そういえばなあって記憶が甦ってくる。映画では登場シーンも少なく、事件とも無関係なのだが、実は重要な役回りなのだ。一つは、彼女が妻夫木聡扮する沢田(川本のモデル)と映画に行くシーン。映画は、当時後期ニューシネマとして評判の『ファイブ・イージー・ピーセス』(1970年米映画、日本公開1971年、ボブ・ラフェルスン監督、ジャック・ニコルスン主演、今は亡き飯田橋佳作座で観たよ。)で、終わったあとに、沢田は彼女に、「つまらなかったね」と(どうせ高校生の小娘が、こんな暗い映画好みじゃないだろうって感じで)言うと、彼女は意外にも「よかった」と、しかも男が泣くところが良いのだと、『真夜中のカーボーイ』のダスティン・ホフマンと併せて誉めるのだ(このシーンはラストの伏線になっている)。ここはなぜ『ファイブ~』なのかがドンピシャとくるんだ。これが団塊世代の作り手ならば『イージーライダー』や『いちご白書』あたりを持ってくるのだろうが、それじゃダメなのよ。
 2011年6月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日鐵もーー釜石市の震災復興利権でも暗躍する「パシコン」

 前代表が特別背任容疑で逮捕(ただし無罪に)されたり、ベトナム向けODA案件の贈収賄事件が発生。その一方で、米軍普天間基地移転予定の沖縄県辺野古地区での仕事を早々に受注したり、中国遺棄化学兵器利権絡みで蠢くなど、経営陣の腐敗と、政府との一体ぶりが目立つ世界的建設コンサルタント企業「パシコン」(東京都多摩市)ーー。上場こそしていないものの、建設コンサル専門企業としては堂々世界第3位だったこともあるこのパシコン、本紙読者なら、本紙との名誉毀損訴訟(本紙が全面勝訴)、また山岡の自宅放火事件の件などで徹底追及していたからよくご存じのことだろう。そのパシコンが今度は、先の東日本大震災の岩手県釜石市のガレキ処理で、地元企業が主体になった復興も兼ねた計画に横やりを入れるかたちで暗躍していることがわかった。地元関係者が証言する。「パシコンがガレキ処理をやるわけではない。あそこはコンサル屋に過ぎませんから。結局、多大な仲介料を取られるだけ。しかも、パシコンが仲介して連れて来るのは中央の大企業ばかり。そうなると地元企業は下請け、孫請けで入らざるを得ない。今回は大震災という異常事態で、しかも地元零細企業は大打撃を受けている。こんな時さえ、地元企業主体の工事という当たり前の理屈がなぜ通用しないんでしょうか。嘆かわしい……」。パシコンといえば、安倍晋三元首相の地元・山口県下関市役所の建設コンサルを独占したこともあった。その際も中央の大企業ばかり連れて来て、地元企業から不満の声が出ていたのを思い出す。それにしても、なぜ、釜石市にパシコンなのか。それには、少々説明がいる。
 2011年6月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの疑惑のネタ元が、「エイベックス」松浦社長を提訴していた!

 本原克己氏といえば、本紙でも以前報じたように、東証1部の大手エンターテインメント会社「エイベックス・グループ・ホールディングス」(本社・東京都港区)の松浦勝社長のクスリ疑惑について警察に詳細な供述を行っていたが、後は調書にサインだけという段階になった08年9月ごろに失踪。また、それに先立つ同年6月、エイベックスの株主総会直後、事前に質問状を送り、株主総会にも出ていた本原氏は、松浦社長も同席した場で暴力団組員らと一緒に監禁・脅迫されたともいわれる人物だ。東証1部の企業トップにクスリ疑惑だとか、暴力団と一緒に監禁だとか、噂だけでも他ではまずあり得ない話だが、なぜかエイべックスはそうした噂が絶えない。もっとも、その後、本原氏の件は本紙はまったく耳にしなかったが、つい最近になり久しぶりに耳にした。その本原氏がエイベックスの松浦社長個人に対し、最近、民事提訴したという内容だった。そこで調べてみると、確かにその通りだったのだ。以下は、その内容だ。
 2011年6月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.19

山口もえ夫も疑惑の窃盗事件ーー1億2000万円巡る被害会社VS銀行訴訟の行方(1)

 本紙でも既報にように、別件で逮捕された女優・山口もえの夫、尾関茂雄容疑者(36)だが、彼は1億2000万円余りの窃盗事件への関与も疑われている。 その窃盗事件に絡み、現在、被害会社と銀行(三菱東京UFJと三井住友)との間で損害賠償請求事件が東京地裁で争われていることは知られていない。この訴訟、単に著名人が絡んだ事件関係というだけでなく、こんなケースでも支払いを拒否できるのかという銀行の社会的責任問題の見地からもたいへん注目されるので、この訴訟について連載でレポートすることにした。なお、この訴訟、現在、書面による主張は終わり、次回期日(8月25日)には証人尋問が行われる。原告側からは被害会社の会計責任者O氏。被告側からは、窃盗犯・鈴木新被告(横写真。現在、公判中。尾関容疑者の大学サークル時代の後輩)の求めに応じて盗んだ複数の通帳の預金全額、計約1億2000万円余りの現金引き下ろしに応じた三菱東京UFJと三井住友銀行の銀行窓口(共に新宿支店)担当の女性行員2名が証人に立つ。連載1回目の今回は、この窃盗事件の概要を解説する。事件が起きたのは、昨年7月13日午前中のことだ。被害会社は都内で複数の居酒屋を経営する5つのグループ法人。鈴木被告は、そのなかの1社のネット広告担当社員に過ぎなかった。
 2011年6月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東大合格実績有数の学園にーー運動部顧問に性的スキャンダル疑惑 

 東大を始めとする難関大学合格で実績を誇る中高一貫教育で知られる学園に、一大スキャンダルが起きている。かなり以前から、その中学校課程の運動部顧問(教員でもある)が部員に性的イタズラをし、たくさんの犠牲者が出ているとの内容だ。ところが、なかなか証明し難い上、父母にすれば多額な学費を支払い、優秀な学園にわが子を預かってもらっているという弱い立場上、これまで泣き寝入りして来たようだ。だが、薄々そのことに気づきながら、学園側がその顧問を処分しなかった理由は他にもあった。
 2011年6月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »