« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »

2011.01.15

<新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第10回「読書三昧の正月」報告

 しばらく間が空いた。この数日、友人知己から生存に関する問い合わせが二、三あった。「孤独死」を心配しているらしい。昨年は牧田吉明も朝倉喬司さんもひっそりとひとりで死んだのだった。老残はしぶとくまだ生きていたので、取り敢えず遅ればせながら「謹賀新年」を奉祝しておく。すめらみことの弥栄を祈念する。また私的回想を擬した与太を書き連ねて老いの閑適に一興でも期したい。端迷惑行為とは思うが、いま暫しのおつき合いを。暮れにこのウェブサイトの主、山岡俊介が鬱惚け老人の様子見に来て、ありがたいことにカンパニアまで頂戴した。そのカネで大晦日の夕方、元日が休みのスーパーに行き「半額」シールの貼られた節料理、数の子、松前漬け、蒲鉾、伊達巻き、酢蛸、鰤の照り焼き、豪毅に栗きんとん入り「独居老人おせちセット」3千円(半額で1500円也)まで購った。その夜からそれらをパックのまま安アパートの万年炬燵上にずらり並べると、忽ちにして四畳半には祝祭的空間が立ち現れた。四辺に駘蕩とした春風さえ感じるのである。阿部勉さんから貰ったウールの安物アンサンブルに着替えて炬燵にもぐり込むと、そこいらに残っていた梅酒、ワイン、焼酎、バーボンをちびりちびりと飲るのであった。国営放送の「紅白歌合戦」も「行く年来る年」も昭和の風俗だから平成の御世には馴染まない。だからテレビは「鉄ちゃん番組」「車窓番組」ぐらいをときにつけておく。「あの世行き」の夜行鈍行旅の乗客のようでもある。呑みながら本を読む。そのうち字面が霞み酩酊と睡魔が襲ってくる。横臥する。惰眠を貪る。気がつくと寝台で朝だったり午だったりした。暦日は夢消した。長い酔いから醒めなかった。〈咳をしても一人〉(放哉)のしずかな正月である。
 2011年1月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.14

乗っ取り屋と一緒に逮捕された「春日電機」佐藤将元社長の責任(自宅に不可解な仮登記が)

 周知のように、警視庁捜査2課は1月12日、東証2部に上場していた「春日電機」(東京都三鷹市。昨年6月、更正計画認可)における会社法違反(特別背任)容疑で、“乗っ取り屋”の篠原猛(53)容疑者ら3名を逮捕した。本紙はこの事件の解説を同日、報じ、一緒に逮捕された春日電機の生え抜きで常務から、篠原容疑者逮捕後、社長になっていた佐藤将容疑者(61)に関しては、幾分、同情的な書き方をしたところ、事情通から早速、抗議の電話がかかって来た。佐藤容疑者は確かに、篠原容疑者らが乗り込んで来るまでは関係ない春日電機側の人間だが、この間、完全に「社内協力者」になっていたというのだ。そして、こう言う。「篠原は08年6月、春日電機の社長に就いたものの、資金難から共同保有者に株を売られ、速くも就任3カ月後には乗っ取りの唯一の根拠である3分の1以上の株保有が破たんした(約18%に低下)。それにも拘わらず12月末まで社長で居続け、この間、金銭に関する疑惑が噴出したのに“辞任”で“解任”にもなっていない。さらに、一緒に逮捕された篠原が送り込んだもう一人の役員、大槻(洋)に至っては上場廃止が決定になった(09年1月)時も役員に居残っていた。佐藤は会社更生法申し立てをした時、こうなった理由として、篠原は“反社勢力との関係が疑われる人物”で、そのため銀行から追加融資を軒並み断られたと言っているが、本気で上場廃止を阻止する(直接の上場廃止理由は篠原容疑者のやった不透明な資金移動があり、監査法人が意見表明をしなかったため)つもりならなぜ、もっと早く篠原を切り、また大槻を残すようなことになったのか?」
 2011年1月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (1) | トラックバック (0)

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第127回 不倫で麻木久仁子のタレント生命危機!」

 昨年12月、大桃美代子に不倫をバラされ、今年になってレギュラー番組出演を自粛している麻木久仁子(48)は馬鹿な女である。前の夫と別居中、男欲しさに我慢できなくなったのか、大桃(45)と離婚話が出ていた男(APF通信社の山路徹代表)を寝取ってしまったわけだ。これは主婦向けテレビタレントの麻木にとって致命的なスキャンダルである。家庭の主婦(主婦でなくても)というのは、ろくでなし亭主でも、セックスレスでも、夫婦でいる間に、他の女に寝取られると逆上する動物なのだ。それこそ手の付けられないヒステリー状態に陥り、ともすると殺人事件にまで発展することもままある。いくら男が欲しくても、仲間で後輩の大桃の旦那と寝ることはないだろうに。しかも、結婚を隠すためだろう、山路は麻木が前のダンナと離婚後も使用していた松本姓を名乗る形で別居のまま再婚していたことまでバレてしまったのだから唖然である。繰り返すが、麻木は“ワイドショーがお友達”という主婦向けの番組が多いのだから・・。
 2011年1月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.13

<ミニ情報>大塚万吉氏に判決

 本紙で徹底追及して来た東証1部「住生活グループ」傘下の「INAX」の不正疑惑に絡んで逮捕された大塚(趙)万吉氏だが、昨日、三重県津地裁で一審判決があった。
 2011年1月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社外調査委員会が解明中ーー「TLホールディングス」疑惑の真相

 本紙で2度に渡って取り上げている、新ジャスダック上場のIT系企業「TLホールディングス」(東京都文京区)のこの疑惑、新たな関係者の証言を得るなどした結果、その全貌が見えて来たので、再度、報告しておく。なお、現在調査を行っている社外調査委員会は、予定通り、この1月末には報告を行う模様だ。結論を先に言えば、前社名のターボリナックスを創業した矢野広一氏が、会社分割をするなどし、経営権を手放した(代表を辞任したのは昨年6月)ことが事の発端のようだ。前社名通り、矢野氏はLinuxのOSパッケージ販売を目指したが、ライバルには世界最大手のソフトウェア会社・マイクロソフトのWindowsがあり、同社は赤字続き。そのため見切りを付けたのだという。
 2011年1月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.12

ついに逮捕された「春日電機」の乗っ取り屋・篠原猛

 警視庁捜査2課は本日午前、東証2部に上場していた「春日電機」の元社長・篠原猛(53)ら3名を逮捕した。容疑は篠原容疑者のオーナー会社「アインテスラ」に計5億5000万円を貸し付け、春日電機に損害を与えた会社法違反(特別背任)容疑だ(上写真は篠原らの逮捕を報じるANNのニュース)。警視庁はすでに昨年10月、関係先にガサをかけており、関係者の間では警視庁2課の今年の初荷になると見られていたが、その通りになった。そもそも篠原容疑者は春日電機とは何の関係もなく、07年7月から春日電機株の買い占めを始め、08年1月には4割近くを買い占め、社長に就くことになった。春日電機は、近年のポッと出の実業の伴わない会社ではなく、歴史ある産業機器メーカー。だが、経営不振のなか、畑崎銘柄の一つとなり、その後を篠原容疑者が引き継いだかたちで乗り込んで来たのだった。本紙ではその当時から、篠原容疑者は乗っ取り屋で、まともに事業をする気はないとして警告記事を出していた。
 2011年1月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第126回 離婚騒動でいらぬ負担がーー今シーズンのダルビッシュ有は大丈夫か!?

現役の日本選手では最高の5億円の年俸を獲得した日本ハムのダルビッシュ有投手(24)ーー昨年は12勝8敗だったものの、防御率、奪三振の2冠を獲得。また防御率1点台は4年連続で、通算6年ですでに75勝(32敗)。メジャーさえ欲しがっていることを思えば、この年俸も決して高くはないだろう。今季はこの勢いで、日本ハムの2年ぶりのまずはリーグ優勝への原動力として期待がかかるのはいうまでもないが、しかし、気になることがある。筆者が以前から予言していた離婚の問題が、悪影響を及ぼさないかという点だ。何しろ、離婚問題が揉めているようなのだ。幼い子が2人いるだけに20歳になるまで養育費は払い続けなければならない。が、どうやらサエコこと紗栄子(23)との財産分けは簡単に行きそうもないのだ。
2011年1月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(292)「九電工」、徳之島で談合疑惑

 鹿児島県徳之島と言えば、先の鳩山政権時代、沖縄の普天間基地の移転先候補にも挙がり脚光を浴びたが、現在、その徳之島現地では「九電工」(本社・福岡市。橋本紘一社長)の談合疑惑が話題になっているという。九州電力向けの配線工事などをやっている、福岡市に本社を置く地味な会社のイメージがあるかも知れないが、九電への依存度は2割程度に過ぎない。近年は東京本社を置き、首都圏でも積極的に営業をかけ、ゼネコンなどの下請けで電機設備、空調換気などの大型工事を取ってもいる。例えば、参議院議員会館の新設でも5億円以上の電気設備工事を受注している。年商2000億円以上で、東証1部にも上場している。さて、その九電工がいま徳之島で話題になっているのは3町が発注した情報通信基盤設備工事を次々と受注したからだ。
 2011年1月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<募集>携帯サイト「芸能ニュースラウンジ」の求人

 本紙・山岡の知り合いがやっている携帯サイト「芸能ニュースラウンジ」から、記事手伝いの求人を載せて欲しいとの要望があったので告知します。金銭的な待遇はいいとはいえないかも知れませんが、芸能マスコミ希望者なら、その業界入りの契機、また勉強になることは間違いないでしょう。経験者がベターながら、やる気があれば未経験者でも可。年齢や学歴は問わない。即、働いてもらいたいとのこと。以下、その募集要項。
(仕事内容)
「芸能ニュースラウンジ」の記事作成に伴う作業。アルバイト:早朝のスポーツ新聞などから記事をピックアップし原稿を作成。ライター:イベント取材&原稿作成(写真も撮ります)など、芸能記事全般。
(給与)
経験・能力を考慮し、決定します。アルバイト(1):月給10万円〜。アルバイト(2):月給10万円〜。ライター:15万円~。昇給:成果に応じて順次判断いたします。賞与:なし。
(勤務地)
アルバイトは自宅でも可。ライターは、仕事内容によりその日によって違う(都内or神奈川)。
(勤務時間)
アルバイト(1):午前06:00~12:00頃まで。アルバイト(2):午前10:00頃~午後7:00頃まで。
ライター(契約):午前10:00~。(事業所により異なる)(標準労働時間7時間50分)。
(休日休暇)
要相談。(備考)面接時には、履歴書持参。
(連絡先)03-6380-4408。
2011年1月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.10

レコ大の最優秀新人賞巡る「怪文書」出る(下)

 昨年末の「日本レコード大賞」(レコ大)の最優秀新人賞に、本命の「少女時代」ではなく、「スマイレージ」が選ばれた理由につき、解説した「怪文書」が出ていることを(上)で報じた。その真偽は不明ながら、その背景に、近年、「少女時代」に加え、「東方神起」「KARA」など韓国の芸能プロダクション所属のKーPOPがわが国芸能界を席捲しており、これに危機感を持っている日本側芸能プロ勢との暗闘があったことは事実であるようだ。そして、わが国にあってこの韓国勢の引き受けに積極的なのが、「プロダクション尾木」であり、その尾木徹社長は「音事協」の会長でもあることからなおさら反発を受けてのことではないかという。それにしても、なぜ、K-POPなのか。この点につき、ある芸能プロ社長はこう解説する。「ともかく経費が安く済む。韓国芸能人の人権なんか無きに等しく、10分の1もかからない。だから、わが国でヒットを飛ばせば我々の実入りはそれだけ美味しいからですよ」。だが、そこには大きな問題がある。わが国芸能界など比ではない、韓国芸能界と組織暴力団との蜜月関係だ。それを改めて実感させられたのが、昨年9月、「エイベックス」が専属契約を結んでいた「東方神起」のメンバー3名の活動を中止にした件だろう。
 2011年1月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

元大阪高検公安部長著書『検察の大罪』が暴く、検察の底知れぬ腐敗と、小沢一郎捜査の不正義

 この書籍、昨年6月に発売されながら、いまごろ紹介することを、まずはお詫びしておく。著者はご存じ、三井環・元大阪高検公安部長(66)。自身、検察幹部だったものの、検察組織の裏金作りという犯罪を告発しようとして“口封じ逮捕”された御仁だ(すでに出所)。厚労省の村木厚子元局長の冤罪事件や、自民党を利するためとしか思えない執拗な小沢一郎元民主党代表への捜査などがあり、検察の存在価値さえ問われているいま、三井氏は“時の人”といってもよく、本紙でもこれまでに他の著書を紹介してはいる。しかしながら、これだけの問題だからこそ、なおさら告発する当事者は清廉潔白でなくてはならないとの見地から、本紙は三井氏への胡散臭さを拭いきれず(もし、脇が甘くなければ逮捕はなく、検察の裏金隠しは暴かれていた可能性がある)、そのため三井氏を十分フォローしておらず、本書に目を通すのが遅くなってしまっていた。だが、本書で1章分を割いて述べられている(第3章「二億円をめぐる検察と暴力団との癒着」)、検察は三井氏を逮捕するために暴力団組長らの協力を請い、その弱味故、当時、山口組の最大組織である山健組トップだった桑田兼吉組長(故人)の保釈を勝ち取るべく水面下で検察側と折衝したとされる疑惑さえ出ていたことを思えば、「小さな正義」に拘り、「大きな正義」を見過ごすところだったと言わざるを得ない。何しろ、この疑惑を巡っては、山口組側から提供された2億円が消え、かつ2名の山口組幹部が殺されてもいるのだ。ところが、検察最大の汚点といっていいこの疑惑を、この間、大手マスコミはまったくというほど報じておらず、むろん、追及もしていないのはどういうわけなのか。唯一、『週刊朝日』だけが特集連載を組んだものの、残念ながら解明するまでに至っていない。
 2011年1月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »